非代替性NFTトークンの販売は急成長しており、トップマーケットプレイスでは記録的なボリュームとなっている。

仮想通貨資産投資会社Paradigmの共同創設者Matt Huang氏がNFTマーケットプレイスとデータトラッカーCryptoSlamからのスクリーンショットを投稿したことにより、注目が集まっている。

CryptoSlamはまた、取引の大部分が流通市場で行われていることを報告し、収集可能な仮想通貨がより頻繁に市場に出回っていることを示している。

CryptoSlamは、2020年10月に発売されたバスケットボールベースのNFTゲームであるNBA Top Shotが、過去24時間で580万ドル、過去30日間で6,850万ドルの売り上げを記録したと報告している。

Top Shotは、NBAがブロックチェーンテクノロジーでサポートされたライセンス契約を初めて締結した商品である。NBAのライセンス担当副社長であるAdrienne O’Keeffe氏は、ESPNに次のように述べている。

「ブロックチェーンはユニークである。下流の知的財産所有者に価値を提供できる。我々は、ブロックチェーンテクノロジーが持続力を持ち、我々のビジネスに大いに見どころがあるものと信じている。」

NFTデータプロバイダーによると、ハッシュマスクとCryptoPunksは売上高で2番目と3番目である。スイスを拠点とするハッシュマスクは、70人以上のアーティストの集団によって作成されたユニークなデジタルポートレートのコレクションをホストしている。過去7日間で800万ドル以上の価値が販売され、今月初めにイーサリアム(ETH)で65万ドルの珍しいものが販売された。

CryptoPunksは、アルゴリズムによって生成された24×24ピクセルのアート画像であり、CryptoSlamによると、売り上げは過去24時間で150万ドル、過去1週間で1,340万ドルにシフトしている。あるピクセル化された写真の1つが1月下旬になんと605 ETHで販売されている

仮想空間の土地の売り上げも急増しており、Axie InfinityメタバースのプロットのNFTは2月8日に150万ドルで、新たな記録を打ち立てた。

The Defiantによると、Dune Analyticsのデータを引用すると、NFTマーケットプレイスのSuperRareは最近、総販売量で1,000万ドルを突破し、その約22%が二次販売であった。

NFT再販の主要市場であるOpenSeaは、2月に800万ドルから3,200万ドルに急増したため、400%の増加となった。

Nifty Gatewayは主要な仮想通貨アート市場であり、そのボリュームは過去30日間の記録である870万ドルを超える軌道に乗っている。今月のこれまでのところ、NiftyはNFTの売上高で600万ドル以上を記録している。

上位17の最高価格の仮想通貨収集品はすべて、過去30日間で合計1億ドル以上の価値で販売されている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る