中国のいくつかの都市で大規模なデジタル人民元テストが行われている中で、中央銀行のデジタル通貨用のハードウェアウォレットの開発を主導している一部の金融機関もその他のテストと歩調を合わせている。

通信社の新華社によると、中国郵政儲蓄銀行はこのプロジェクトのために生体認証ハードウェアウォレットを作成したという。

生体認証ハードウェアウォレットにより、カードの指紋センサーを介してユーザーの身元を簡単に確認できる。

北京での中央銀行デジタル通貨(CBDC)トライアルに参加している消費者は、このカードを使用してヘルスケアサービスにアクセスすることも可能である。

実際、中国郵政儲蓄銀行は、ハードウェアウォレットはまだテスト段階にあるが、スマートフォンを使用せずに高齢者がCBDCやヘルスケアサービスに簡単にアクセスできるように設計されていると述べている。

「このカードを使えば、公共の場所への出入りがはるかに便利になり、ワンタッチで支払うことができる。特にスマートフォンが苦手な高齢者に適している。」

Cointelegraphが以前に報告したように、中国郵政儲蓄銀行は1月に初めての物理的なウォレットカードの開発を開始した。

生体認証カードは、デジタル人民元のハードウェアウォレットを進化させるもの一部である。2月の初め、中国農業銀行の雄安新区支店もデジタル人民元用のハードウェアウォレットを開発した

中国の銀行と金融機関は、CBDCに関連づく開発の中心にある。中国農業銀行は、ハードウェアウォレットの作成とは別に、市民が現金をデジタル人民元に換金できるATMパイロットプログラムも開始した

いくつかの地方自治体は、デジタル通貨電子決済の早期採用を自然に推進していくための手段として、エアドロップと宝くじも利用している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る