SynBiotic SEは、「法定通貨の大幅な切り下げ」についてを懸念している。

ドイツの医療用大麻会社であるSynBiotic SEは、MicroStrategyやTeslaなどの企業の主導に従い、保有している流動性のある現金の一部をビットコイン(BTC)にシフトすることを発表した。

2月16日の同社のウェブサイト更新により、同社はユーロと米ドルの両方の供給量の過度の増加により、法定通貨の大幅な切り下げに対する懸念により決定したと述べた。

CEOのLars Müller氏はさらに、「決定はビットコインの最近の価格上昇によるものではなく、政治家の影響を受けた中央機関が、計り知れないほど供給することができるユーロやドルよりも、ビットコインに長期的な信頼があるからである。」と述べた。

彼はさらに、特に大麻業界はシンプルでデジタルな支払い手段としてのビットコインで非常に良い経験をしており、いくつかのSynBiotic子会社ではすでにビットコインを支払い手段として受け入れていると説明した。

Synbiotic SEは、カンナビノイドとウェルネス製品の合成生産に力を入れており、大麻セクターで多様な企業グループを構築している。それは、法定通貨の切り下げに対するヘッジとしてビットコインに投資するドイツで最初の上場企業であると主張している。

Cointelegraphが報告したように、今月初めにビットコインへの15億ドルの投資を発表したTeslaは、わずか数分で価格が3,000ドル上昇した。

一方、ビジネスサービス会社のMicroStrategyは、2020年半ばから着実にビットコインに投資している。最近、1,400社がウェビナーにサインアップし、その主導に従うことを希望している他の企業にアドバイスを行った。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る