概要


・Elon Musk氏はDogeCoinの中央集権化を受けてMars Coinをほのめかしている。
・Mark Cuban氏はNFTとEthereumを支持している。
・Peter Schiff氏はまだビットコインをバッシングしている。

ビットコインが今週、毎日のように新たな史上最高値を記録したことから、強気相場が本格化している。また、暗号資産全体の時価総額も新高値を更新し、アルトコインが新価格水準に達したことで、多くの銘柄が新高値を更新した。業界のリーダーやインフルエンサーの発言をいくつか見てみよう。

マスク氏の発言

この時点でテスラ創業者のイーロン・マスク氏が再びニュースになっても不思議ではない。マスク氏は先月、特にDogeCoinについて非常に声高に語っているが、最近ではDogeCoinのトップホルダーに関連した分散化の欠如についてコメントしている。彼は今週、テスラによる最近の15億ドルのビットコイン購入に続いて、ビットコインについてもコメントした。

マスク氏はビットコインの購入について、「現金よりも流動性の低い形であるビットコインを持つことは、S&P500企業にとって十分に冒険的なことだ」と発言した。同氏はさらに、彼は投資家ではなく、テスラの株以外にも何かを持っているわけではないことを認めた。

引き続き、プロジェクトの分散化を阻むDogeCoinくじらを批判した。同氏はこの問題について、「DogeCoinの主要な保有者がコインの大半を売却すれば、私の全面的な支持を得るだろう」とコメントしている。あまりにも集中しすぎているのが唯一の現実的な問題である。

このツイートには、Civic(CVC)のVinny Lingham氏とBinanceのCEO Changpeng Zhao氏のコメントが添えられており、問題解決に向けて多くの有益な知見を得ることができた。Zhao氏はMuskがMars Coinを始めることを提案し、これに対してMuskは “間違いなくMarsCoinはあるだろう!”と答えた。

マーク・キューバン氏、BTCよりもETHを支持

アメリカの実業家であり億万長者でもあるマーク・キューバン氏が、ここ数週間で波紋を呼んでいる。投資家であり、シャークタンクの参加者でもあるマーク・キューバン氏は、最近、非代替性トークン(NFT)の分野に積極的に関わっている。同氏は「The RollUp 2021」と題した独自のNFTをリリースしている。

同氏は最近、NFTがゲームを変えるものであるとコメントしている。最近ポッドキャストで話し、トークン化アーティストのアイデアを支持した。彼はブロックチェーンの開発とインターネットの採用の間の類似性を見ていることを認めている。そのアクセス性と使いやすさの背後にあるアイデアは、普及するための鍵であると考えている。

同氏は今週もEthereumについてコメントしている。彼は将来的にはEthereumがBitcoinよりも優れた価値の貯蔵庫になると信じていると述べている。DeFiのブログ「The Defiant」でのトークで、Ethereumへの賞賛を表明した。以前からビットコインに疑問を持っており、ビジネスマンがEthereumを好むことは驚くべきことではないと発言している。

ピーター・シフ氏、ビットコインの売却を否定

ビットコイン嫌いで金愛好家のピーター・シフ氏は、マックス・キーザー氏のコメントで今週もニュースになった。キーザー氏は、シフ氏が6年前まで遡って自分のウェブサイトでビットコインの支払いを受けていたと主張している。キーザー氏はさらにシフ氏がビットコインをすべて不換紙幣に変換したと述べ、「彼は1億ドルをトイレに投げ捨てた」と述べている。

シフ氏はキーザー氏に反論し、彼をビットコインを買うように人々を騙している嘘つきと呼んだ。シフ氏はビットコインを受け取ったことはなく、自動的に不換紙幣に変換されたと主張した。

さらに同氏はもし自分の会社がビットコインを保有していて、顧客の金の購入をカバーするために不換紙幣を貸し出していたら、会社は倒産していただろうと説明している。ビットコインの変動性によって、ビットコインでの事業資本の保有は不可能になっていただろうと繰り返し述べている。毎日の価格変動は、収益性の高いビジネスをガラクタに変えてしまうだろう」と語った。

もちろん、シフ氏はそれだけに止まらなかった。彼はイーロンマスク氏のコメントについてもツイートしていた。マスク氏は以前、ビットコインは不換紙幣とほぼ同じBSであると発言していた。シフはこれを機にビットコインをさらに貶めるために、ビットコインは「中央銀行が発行する紙の不換紙幣よりもさらにBSだ」と発言した。金はBSではない。それは本物のお金であり、両方よりも優れている。

ジャネット・イエレン長官、セーフガードを求める

また、今週はCNBCで新たに就任したジャネット・イエレン米財務長官のインタビューが掲載された。インタビューの中でイエレン氏はコロナ関連の景気刺激策を含むいくつかのトピックについて話した。彼女はまた、暗号通貨に焦点を当て、暗号通貨は長期的には問題になるだろうと述べた。

イエレン氏は、ビットコインに対する規制が必要だと考えている。 「ビットコインを扱う機関を規制し、規制責任を遵守していることを確認することは、確かに重要だと思います」と指摘している。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る