暗号資産がブームになっている。2008年に誕生して以来、暗号通貨、その他の暗号資産、ブロックチェーン技術は、私たちがお金や分散型システムについての既存の方法を覆してきた。テクノロジーの普及が進み、暗号資産プロジェクトへの投資が増えている。大企業はポートフォリオに暗号資産を組み込んでおり、最近ではBitcoinやEthereumの高騰により、新たな投資家らが次々と暗号資産投資に参画し始めている。

一方、暗号資産が成長するにつれ、投資家らを狙った詐取集団も登場した。最近の報告書「Crypto Investor Scam Report」には、2012年以降、さまざまな詐欺によって160億ドル以上が投資家から盗まれた方法が詳細に記載されている。暗号資産に対する制度がなく、投資家が盗まれたお金を取り返すことができない事例が多いのも事実だ。

さらに驚くべきことに、これらのプロジェクトは、暗号資産に関与したいと考えている無知な投資家を意図的に利用しようとしており、多くの創設者は一晩で姿を消し、お金を奪って逃げることが大半だ。一部は逮捕され起訴されているが、多くはそうではない。

大きな暗号資産詐欺の例を見てみると、共通の”釣り方”が見えてくる。それが「ハイリターンの約束」だ。 これは特別な取引ソフトウェアを作成した者自身や、暗号資産投資家が紹介のための報酬を受け取る連鎖販売取引スキームの一種、または暗号資産プロジェクトを介してなど様々な手法で詐欺が行われる可能性がある。

ここでは投資家に注意喚起をしたい。

1. ハイリターンで早くリッチになる

BitConnectやPlusTokenのような最大手の暗号資産詐欺の中には、1日あたり1%以上の高額なリターンを約束したものもあり、非常に有望ではあるが、持続不可能である。多くのハイリスク投資はハイリターンをもたらすが、この種のリターンを約束する暗号資産プロジェクトは、リターンを生成するために確立されたコインや構造を持たずに、投資家からの借り入れで終わってしまう。

BitcoinやEthereumのような確立されたコインから高いリターンを見ることは一つの手だが、新しいコインに投資する場合にはこれら信憑性のない約束に注意していただきたい。

2. ホワイトペーパーや実証済みのモデルがない

すべての暗号資産プロジェクトは、達成したいことを示すホワイトペーパーや概念実証がある。ビットコインとブロックチェーン技術を確立したサトシ・ナカモトの2008年のホワイトペーパーは、気密性が高いと考えられ、他の暗号資産プロジェクトのための業界標準を設定している。そのホワイトペーパーがきちんとまとめられていなかったり、よく考えられていなかったり、盗用されていたり、ましてやホワイトペーパー自体が存在しない場合は、投資家にとって赤旗となるはずである。

同じことは、ビジネスモデルが機能している場合にも当てはまる。暗号資産プロジェクトは、彼らが約束したことを実行できること、コインの採用を検討したこと、または確立されたブロックチェーンを持っていることを証明することができない場合、そのプロジェクトが誇大広告を超えて存在していない可能性があることを示すもう一つの赤旗となる。

3. 信頼性の低い怪しいチーム

暗号資産プロジェクトの背後にあるチームについて調べる必要がある。特別な取引ソフトウェアを作成したと主張している人、または誰がポートフォリオを管理するかに注意していただきたい。

誰であるかを裏付けるために他のサイトで検索することができ、多様で信頼できる背景を持つ堅実なチームを探してもらいたい。大きな赤旗は、WoToken詐欺の背後にあるチームのように、チームが犯罪行為の歴史を持っている場合や、プロジェクトの背後にいるべき人材がいない場合、BitConnect詐欺のように、匿名性を維持したい場合が高い。

4. 巨大なプロモーションと誇大広告

暗号資産プロジェクトは、巨大なプロモーション、派手なイベントを実行し、過度に購買意欲を掻立てる場合がある。一般的に、フラッシュやファンファーレは、ビジネスモデルが動作していないという事実を隠すために、または知識や経験の不足をカバーするために存在している。

残念ながら、誇大広告は「次の大物」を逃すのではないかと心配する人にとっては大きな魅力となるが、経験豊富な投資家はそれを赤旗と見なすのである。

5. お金は紹介でしか稼げない

最後に、投資家が実際のプロジェクトから任意の収入や配当金を介してではなく、紹介を通じて、実際にリターンを得ることができる暗号資産プロジェクトに注意していただきたい。このような構造は連鎖販売取引の基本であり、システムがサポートされるのはより多くの人が投資することによってのみであり、製品のリターンによってではない。

今後の展望

暗号資産業界は制度化され、市場でより多くの信頼性と正当性を得るために投資家に依存している。世の中には確かに詐欺プロジェクトが存在するが、知識のある投資家はそれを見抜き、業界を前進させる価値のある真面目なプロジェクトに資金を回すことができると信じている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る