米ブロックチェーン決済企業リップルは、ワイオミング州で事業登録を行った。

ワイオミング州務長官の記録によると、Ripple Markets WY LLCのローカルビジネスのステータスが、2020年2月の最初の申請後、現在は「アクティブ」となっていることがわかった。リップルの登録代理人はリミティッド・ライアビリティ・カンパニー(LLC)として、現在ワイオミング州のCheyenne(シャイアン)に拠点を置いている。

「我々の法律が仮想通貨フレンドリーで、ワイオミングがデラウェアよりも良い居住地であることをより多くの仮想通貨会社が認識している。」とデジタル銀行Avanti Bank&TrustのCEOであるCaitlin Long氏はツイッターで述べた

Long氏は、さらに州議会のブロックチェーン、金融技術、デジタルイノベーションに関する特別委員会にも所属している。彼女は、リップルのような仮想通貨会社は、州に法人税やフランチャイズ税がなく、仮想通貨が財産税と消費税を免除されているため、ワイオミングへの移転を検討するべきだと述べた

さらに、米国上院議員Cynthia Lummis氏の存在もある。彼女は、デジタル資産が彼女の立法議題の重要な部分になると最初に言った人の1人である。リップルのニュースに応えて、Lummis氏の州政策局長は多くの人々が「ワイオミングはマキシマリスト(自分の好きな物に囲まれて暮らすライフスタイルの人達)である。」と述べた

本社はまだサンフランシスコとして登録されているため、リップルが本社を仮想通貨に適した状態に移行するのかはまだわからない。ただし、リップルの共同創設者であるChris Larsen氏とCEOのBrad Garlinghouse氏はどちらも、米国の仮想通貨とブロックチェーンに関する規制の明確さが欠如しているように見えることに不満を持っていると述べている。

ワイオミングは、仮想通貨およびブロックチェーン企業にとって最も魅力的な米国の州の1つになりつつある。昨年、ワイオミング州銀行委員会は、仮想通貨取引所Krakenに仮想通貨に優しい銀行として運営するための許可証を付与し、同様の方法で仮想通貨の受け取り、保管に向けてのゴーサインをAvantiに与えた。今月初めにテスラが15億ドルのビットコイン(BTC)投資をしたニュースを受けて、Lummis上院議員はElon Musk氏に同州への移転を検討するようオファーしている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る