はじめに

本日、ビットコインは素晴らしい反騰を続け、 5,500,000円を上回る価格へと戻った。CoinGeckoによると、過去24時間で7%以上上昇し、現在は約5,560,000円で取引されている。

昨日述べたように、昨日のビットコインの終値が5,000,000円を超えたため、ビットコインの短期価格に対して私たちは非常に強気でいる。

この価格トレンドが上昇し続ける場合、BTC / JPYは6,000,000円を超える価格に向けて新たなブルランを開始した可能性がある。トレンドが逆転する可能性はわずかにあるが、価格が高ければ高いほど、下落する可能性は低くなる。可視範囲出来高(VPVR)の左側には、ビットコインの価格が5,000,000円を超える強力なサポートを見つけた可能性があることが見て取れる。本日の動きがどうなるのか見てみよう。

ニュースに関しては、本日、多くのトップ記事はビットコインの価格が50,000ドルを超えたことに焦点を当てていた。

ビットコインの価格は予測範囲内(青色)で取引されており、5,000,000円を超えるサポートが見つかれば、今後上昇し続けると考えられるということを述べてこの冒頭の結論としたい。

BTC / JPYが以下の条件を満たしている限り、私たちは強気のままである。

● BTC / JPYは、20日MMA(赤)、50日MMA(緑)、200日MMA(青)を上回った状態を維持すること。
● BTC / JPYが5,000,000円を下回らないこと。
● BTC / JPYの1日の出来高がまもなく21日MAを上回ること。

トレーダーたちの見解についての分析

Ki Young Ju氏(Crypto QuantのCEO)

同氏は自身の投稿で「BTC:Coinbase Proからの流出」チャートを共有し、約48,000ドルの「機関投資家の購入水準」を表す緑色の範囲を強調した。非常に興味深いのは、48,9000ドル、48,100ドル、および48,600ドルという価格で大量に流出されていることである。さらに、ビットコインの価格がこの購入範囲から外れ、現在では50,000ドルを超える価格に戻っていることが見て取れる。

Ju氏は、「最近、何度もベアトラップ(相場が下方へのブレイクアウト直後に、上昇方向へ価格が反転すること)が起こっているが、価格は機関投資家の購入水準である48,000ドルを回復しているようだ」と書いている。

これはビットコインの価格が今後50,000ドルを下回ることはないことを意味しているだろうか?日足がこの重要な価格範囲を超えるまで、BTC / USDが50,000ドルを下回り、おそらく45,000ドルに近づく可能性が高いと私たちは考えている。

ただし、同時に、Coinbaseなどの取引所で利用できるビットコインが少ないほど、ビットコインの価格が上昇する可能性が高くなる。

LilMoonLambo氏(仮想資産トレーダー)

次の投稿は LilMoonLambo氏からのものをご紹介する。同氏はTwitterで80,000人を超えるフォロワーを持つ仮想資産トレーダーである。

同氏は自身の投稿の中で、「$ BTCが50,000ドルで保ち合いされているという事実は、今後上昇傾向になるということを私に教えてくれている」と記した。これは前項の投稿を引き立たせている。

上で述べたように、機関投資家や個人投資家がビットコイン市場に参入している間、ビットコインの価格が50,000ドルを下回ることは考えられない。

したがって、この上昇傾向は依然として大幅に成長する可能性がある。要約すると、ビットコインが50,000ドルを超えるサポートを見つけた場合、今後数週間は60,000ドル達成を視野に入れることができると私たちは考えている。

Joseph Young氏(アナリストおよび投資家)

Young氏の投稿は、私たちがビットコインの価格がすぐに5万ドルを下回ることはないと考えている理由にもう一工夫加え、この私たちが何度も述べてきている考えの全体像を描いている。

Young氏は、ビットコインが2月初旬に50,000ドルに達した時と、今回この価格帯を達成したことの主な違いは、「今回は、デフォルトの資金調達によってなされたことだ。前回は過密な先物市場、先物と同等のスポット市場、大規模な流出と機関投資家の影響と相まった高いCoinbaseプレミアムによるものであった。」

要するに、Young氏も今回は違うと信じているようだ。ビットコインの価格は最終的に50,000ドルを超えるサポートを見つけることができるだろうか?おそらく次の投稿がその答えを与えてくれるかもしれない。

Willy Woo氏(オンチェーンアナリスト)

Woo氏は自身のツイートで、ビットコインが50,000ドルを下回る可能性があるかどうかという問いに対してとどめを刺した。同氏は「ビットコインエンティティの純成長」というチャートを共有した。Woo氏は、「1日あたりのブロックチェーンで目に見えるビットコインユーザーの増加」と記した。

Glassnodeによって提供されたこのデータは非常に強気であり、価格上昇の継続を示している。過去の「マーケット分析レポート」で説明したように、ビットコインはヴェブレン財のように振る舞う。つまり、価格が高いほど、ビットコインの需要は高くなるということだ。Investopediaによると、

「ヴェブレン財は、その排他的な性質と地位の象徴としての魅力のために、価格が上がるにつれて需要が増える商品である。ヴェブレン財には上向きの需要曲線があり、これは典型的な下向きの需要曲線とは逆になる。しかし、簡単に入手できる代替品がない劣った製品であるギッフェン財とは対照的に、ヴェブレン財は一般的に高品質で切望された製品である。」

Woo氏は次のように結論付けている。「前回のサイクルと同様に、現在のピークは前のピークよりも高くなることが予想される。この強気相場が、今はまだ、ただの肩慣らしにすぎないということがわかるだろう。」

したがって、需要が増加し続けると仮定すると、ビットコインの価格がまもなく大幅に上昇することが予想される。

ビットコイン価格予測

本日、ビットコインの価格は上昇を続け、ついに5,000,000円を超えるサポートを見つけた。この記事の執筆時点では、BTC / JPYは5,600,000円付近で取引されている。

したがって、保ち合い期間および反落が終了したと私たちは考えている。BTC / JPYがさらに20%から30%の修正を行う前に、6,000,000円をはるかに超えることを願っている。

私たちがそう強く信じている理由の1つは、ビットコインを購入する機関投資家の数が多いことである。さらに、個人投資家の普及はピークに達するにはほど遠い。

24時間以内の価格変動

上記のチャートに示されているように、新規の買い手が市場に参入する場合、ビットコインは6,100,000円付近で高値をつける可能性があると私たちは考えている。ビットコインがこの価格帯に達したときに、若干の反落が起こる可能性がある。しかし、反落が起きたとしても、すぐに上昇傾向を取り戻すはずである。

一方、5,000,000円付近には大量の買い注文があるため、5,000,000円を大きく下回ることはないと予想している。

最後に、可視範囲出来高(VPVR)は、5,000,000円および4,300,000円付近の大量の買い注文を示している。つまり、このトレンドが急に逆転したとしても、BTC / JPYは4,500,000円を大きく下回らないはずである。しかし私たちはそもそもトレンドの逆転は当分起こらないと考えている。

免責事項

・暗号資産の取引はリスクを伴うビジネスです。暗号資産市場は非常に変動が激しく、流動性が低いことがよくあります。
・レバレッジ取引は利益を増やすための効果的な方法ですが、それにより各取引におけるリスクが増えます。
・レバレッジが追加されるほど、潜在的な利益と損失可能性が高くなります。
・リスクをとる覚悟があればあるほど、報酬を得る可能性が大きくなることがあります。
・本記事はかそ部が提携する海外アナリストからの情報を日本語訳した情報となります。

account_arrow_min

いま世界で最も勢いのある注目の取引所!高レバレッジとボーナスも魅力的!
  • 日本語完全対応の海外取引所!
  • シンプルなUIでスムーズに取引できる
  • 公式アプリで快適な取引ができる!
配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!暗号資産 (仮想通貨) を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る