はじめに

週末の間、ビットコインの価格は行き詰まった。最安値は5%の下落となり、6,100,000円を下回ったが、現在は回復しており、当記事執筆時点ではCoinGeckoによると6,200,000円前後での取引となっていた。

ビットコインの価格が上昇し始め、おそらく7,000,000円を超えると予想していたが、実現しなかった。それとは別に、昨日ビットコインの価格は予測範囲内で取引された(青色)。

2週間前、ビットコインは過去最高の6,726,000円に達したが、その後修正された。若干の保ち合いとなっていると私たちは考えているが、この保ち合いはまもなく終了するだろう。

私たちの推論は、上のチャートの左側にある可視範囲出来高(VPVR)に基づいている。これは、5,800,000円まで買い手が市場を支配し、ビットコインがこの価格範囲を下回る可能性が低いことを示している。

最近の調査レポートで、ドイツ銀行のアナリストでハーバード大学のエコノミストであるMarion Laboure氏が以下のように述べた。 「ビットコインの現在の評価は、国境を越えたデジタル通貨へのシフトを考慮して価格設定がなされている。この仮説は、仮想通貨のリーダーとしてのビットコインがネットワーク効果の恩恵を受け、将来的に重要な支払い手段になるというものである。」

著名なエコノミストがこのメッセージを配信したという事実は、従来のアナリストがビットコインの開発に注視しており、将来的に不可欠な支払い手段になるかもしれないと考えていることを示しているため、素晴らしいニュースである。

したがって、投資家とトレーダーはこの継続的な修正をうまく活用し、ポートフォリオにビットコインを追加するべきであると私たちは考えている。

BTC / JPYが以下の条件を満たしている限り、私たちは強気のままである。

● BTC / JPYは、20日MMA(赤)、50日MMA(緑)、200日MMA(青)を上回った状態を維持すること。
● BTC / JPYが6,000,000円を下回らないこと。
● BTC / JPYの1日の出来高がまもなく21日MMAを上回ること。

トレーダーたちの見解についての分析

Trading Tank氏(The Birb NestとIncomeSharksのチームメンバー)

Trading Tankは自身の投稿で、ビットコインの価格の4時間チャートを共有している。さらに同氏は2つのラインを追加した。1つは下部にサポートを示し、もう1つは上部にレジスタンスを示している。

興味深いことに、ビットコインの価格は予測範囲内で動き続け、57,000ドルを超える前に55,500ドルに触れた。Trading Tankが予測したように、ビットコインは青色の範囲を下回る最初のサポートレベルに達した。

ビットコインがスピードを上げて59,000ドルに戻ると、最初の抵抗レベルは60,100ドルになる。その後、Trading Tankは61,897ドルを2番目のレジスタンスターゲットとして特定した。

この記事の執筆時点では、ビットコインの価格は57,000ドルを超えた価格で安定している。つまり、ビットコインが上昇し続ける可能性が高まっているということだ。

55,000ドルを下回るまで、私たちはビットコインの短期価格に強気のままである。

Lex Moskovski氏(Moskovski CapitalのCIO)

Moskovski氏は、「先物ロング清算(合計) – すべての取引所(USD)」を共有し、「1億3800万ドルの#Bitcoinロングポジションが10分で清算された」と記した。

このチャートを選んだのは、ビットコインの価格が最近下落した理由の1つを示しているからである。約1億3800万ドル相当のロングポジションが数分で清算された。

これが、レバレッジを使用して取引する際に細心の注意を払うことをお勧めする理由である。レバレッジは潜在的な利益を増やすことができるが、リスクも同じ量だけ増加させる。

それとは別に、この最近の価格下落はすぐに終わるはずである。以下にてその理由を議論しよう。

Michael van de Poppe氏(オランダ人トレーダー)

Poppe氏は以下のように書いている。チャートを拡大して見るのをやめて、リラックスしてください。」

Van de Poppe氏は、修正がどれほど必要であるか、そして下落のことで悩むのは意味がないということを強調している。長期チャートは依然として強気であるため、同氏は投資家とトレーダーに一歩離れて見るようアドバイスしている。

私たちが常に読者の皆さんにリマインドしているように、ビットコインをポートフォリオに追加するか、ロングポジションを設定するのに修正を利用するべきである。

Willy Woo氏(オンチェーンアナリスト)

同氏は自身の投稿で、「ビットコイン:UTXO実現価格分布(URPD)」を共有した。Glassnodeによると、URPDは「ビットコインUTXOの現在のセットが作成された価格を示す。(つまり、それぞれの棒は、その指定された価格グループ内で最後に移動した既存のビットコインの量を示している)。」とのことである。

このチャートは、ビットコインの時価総額が1兆ドルに達した後の非常に強気なデータを示している。同氏は、「ビットコインの7.3%が最後に1兆ドルを超える価格で移動した」と述べ、「ビットコインが1兆ドルを下回ることは二度とない可能性が高いと思う」と付け加えている。

Woo氏によると、ビットコインの時価総額が1兆ドルを下回る可能性は比較的低いとのことである。これは、ビットコインの価格が54,000ドルを下回ることはないことを意味する。すぐに60,000ドルを超えなければ、ビットコインが54,000ドル未満に下がる可能性があると私たちは考えているが、私たちはWoo氏に同意である。

ビットコイン価格予測

CoinGeckoによると、当記事執筆時点で、ビットコインの価格は約6,250,000円で取引されている。

ビットコインの価格は週末に約3%下落したが、中長期的な強気の傾向はそのままであると私たちは考えている。それにもかかわらず、出来高は減少しており、これは大規模な変動が起こりそうであることを示している可能性がある。この変動が上向きのものであることを私たちは願っている。

ほとんどのオンチェーン指標は、ビットコインの価格がまた新たな修正を経験する前に成長する余地があることを示している。

24時間以内の価格変動

上記のチャートに示されているように、買い手が6,100,000円を超える大量の買い注文を出し続けている限り、ビットコインは今後数日で6,700,000円を少し超える可能性があると私たちは考えている。

一方、6,000,000円を大きく下回ることはないと予想している。もしその水準を維持できない場合、次のサポートゾーンは5,800,000円付近である。

最後に、VPVRは5,000,000円から5,500,000円の間に買いの注文が少しあることを示している。また、これは6,500,000円を超える水準での売り手がほとんど残っていないことも示している。つまりこれは、ビットコインが新しい高値を打ち破り、今すぐにでも価格発見モードに移行するはずであることを意味する。

免責事項

・暗号資産の取引はリスクを伴うビジネスです。暗号資産市場は非常に変動が激しく、流動性が低いことがよくあります。
・レバレッジ取引は利益を増やすための効果的な方法ですが、それにより各取引におけるリスクが増えます。
・レバレッジが追加されるほど、潜在的な利益と損失可能性が高くなります。
・リスクをとる覚悟があればあるほど、報酬を得る可能性が大きくなることがあります。
・本記事はかそ部が提携する海外アナリストからの情報を日本語訳した情報となります。

account_arrow_min

いま世界で最も勢いのある注目の取引所!高レバレッジとボーナスも魅力的!
  • 日本語完全対応の海外取引所!
  • シンプルなUIでスムーズに取引できる
  • 公式アプリで快適な取引ができる!
配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!暗号資産 (仮想通貨) を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る