韓国の首相は木曜日、韓国は今月後半にスマートフォンアプリを介したブロックチェーンを利用したワクチンパスポートを導入すると発表した

韓国は、感染のリスクを軽減しながら国境を越えて旅行を可能にするワクチンパスポートの導入において、他の多くの国々に加わろうとしている。

丁 世均(チョン・セギュン)首相は、市民にも大きな利益があるだろうと述べた。

「ワクチンパスポートまたは「グリーンパス」の導入により、ワクチン接種を受けた人だけが日常生活を回復できるようになる。」と彼は省庁間パンデミック対応会議で述べた

政府は、個人情報の盗難に対するセキュリティを提供する方法として、ブロックチェーンテクノロジーを使用してアプリを開発した。「他の国のシステムも、予防接種の状況を確認できるようにしながら、個人情報を保存していない。」とチョン氏は述べている。

韓国ではこれまでに77,000人がCOVID-19の予防接種を受けているが、水曜日には1日で551件の感染者が発表された。政府は6月までに1,200万人に予防接種をする予定である。

ブラジルも予防接種を追跡するためにブロックチェーンベースのシステムを使用しており、IBMはニューヨークが情報セキュリティにブロックチェーンテクノロジーを使用するエクセルシオールパスの開発を支援した。ニューヨーク州府はパスについて次のように述べている。

「企業や会場は、パスをスキャンして検証し、入場者がCOVIDワクチン接種またはエントリーのテスト要件を満たしていることを確認できる。」

中国はシステムを導入しており、欧州連合は6月までに導入する予定である。国際航空運送協会は、国境を越えた旅行の標準となりうるトラベルパスと呼ばれるアプリを開発している。

ワクチンパスポートは、特に米国や暗号通貨コミュニティの一部で、依然として非常に物議を醸している。サウスダコタ州のクリスティ・ノーム共和党知事は、この概念を「米国の歴史の中で最も非アメリカ的なアイデアの1つ」と呼び、フロリダ州知事のロン・デサンティス氏は州内で義務付けられたCOVIDパスを禁止しようとしている。

暗号通貨はまた、非ブロックチェーンベースの予防接種証明書を課す努力を阻止する上で小さな役割を果たす可能性がある。BBCは、サイバーセキュリティ機関のチェック・ポイント(CheckPoint)がダークネット上でワクチンとワクチンパスポートの広告を1,200件見つけたと報告している。

「チェック・ポイントの調査員は、支払い方法として追跡が困難な暗号通貨ビットコインを使用した150ドルのワクチン接種カードを備えた偽造文書を提供している多くの売り手を発見している。」

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!暗号資産 (仮想通貨) を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る