米大手投資銀行のモルガン・スタンレーは木曜日、規制当局に機関投資家が現金決済先物かグレースケールのビットコイントラストという形でビットコインへエクスポージャーをする可能性があると報告した。

ファイルには、以前ブルームバーグが報じていたある種のビットコイン投資またはエクスポージャー戦略を検討していたというカウンターポイント・グローバル(Counterpoint Global)を含む12のファンドの名前があったという。

木曜日のファイルには:

「特定のファンドは、現金決済先物を通じて間接的に、またはビットコインに投資する個人的投資ビークルであるグレースケールビットコイントラスト(GBTC)への投資を通じて間接的にビットコインにエクスポージャーする可能性がある。ファンドがビットコイン先物に投資する範囲で、GBTCはケイマン諸島の法律に基づく特例会社としての完全所有の子会社を通じてこれを行う。ファンドはビットコインにエクスポージャーされない場合もある。」

ファイルはまた、各ファンドがエクスポージャーする可能性の程度を示しており、それぞれの資産の25パーセントがビットコイン製品に向けられる可能性があることを示唆している。

「アドバンテージポートフォリオ、アジアオポチュニティポートフォリオ、カウンターポイントグローバルポートフォリオ、デベロッピングオポチュニティポートフォリオ、グローバルアドバンテージポートフォリオ、グローバルパーマネンスポートフォリオ、グローバルオポチュニティポートフォリオ、グロースポートフォリオ、インセプションポートフォリオ、インターナショナルアドバンテージポートフォリオ、インターナショナルオポチュニティポートフォリオ、パーマネンスポートフォリオのそれぞれは、ケイマン諸島の法律に基づいた会社として組織されたファンドの完全所有子会社に、総資産の最大25%を投資し、その主要な投資戦略と一致する。各子会社は、GBTC、現金決済ビットコイン先物、およびその他の投資を行う可能性がある。」とファイルは述べている

先月、モルガン・スタンレーは、機関投資家のプライベートウェルスクライアントにビットコイン関連のファンドへのアクセスを提供することを発表していた。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!暗号資産 (仮想通貨) を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る