時価総額で2番目に大きい暗号通貨であるイーサリアム(ETH)は、2,000ドルを超え4月2日に史上最高値を更新した。ETH価格が31%の高騰する一方で、イーサリアムの手に負えない取引手数料は77%上昇した。

コインの価格が3月26日の最近の最低値である1,530ドルから、記事執筆時には2,009ドルの値に上昇したため、イーサリアムは過去9日間のうち8日間青いろうそく足を記録している。

Bitinfocharts.comのデータによると、イーサリアムでの取引の平均コストが12.96ドルから22.97ドルに上昇したため、取引手数料は同じ期間に合計で77%上昇したことになる。

平均的な手数料の数値は、価値の高い外れ値が原因で、チェーン上で最も頻繁に支払われる手数料の不正確な状況を描くことがよくある。最も頻繁に支払われる手数料をより明確に示す中央値の取引手数料も、先週中に上昇し、6.66ドルから12.74ドルに91%上昇した。

開発者は、ブロックチェーンでの料金の計算方法を一新するイーサリアムの改善案であるEIP-1559を提案した。今年7月にアップグレードが実装されると、取引手数料はアルゴリズムによって動的に調整される。同時に、デフレの側面がイーサリアムのトケノミクスに導入され、ネットワーク料金の一部は、各取引の後に消滅するように設定される。

長期的には、イーサリアムはプルーフオブステーク(PoS)コンセンサスアルゴリズムに移行される予定である。これにより、現在のプルーフオブワークシステムが完全に放棄される。PoSブロックチェーンでは、ブロック報酬を追求するためにコンピューティング能力を提供するマイナーとは対照的に、コイン所有者は受動的な収入と引き換えにネットワークを保護するためにコインをステーキングする。新しいコンセンサスアルゴリズムは、イーサリアムの継続的なETH2.0へのアップグレードの一部として実装されている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!暗号資産 (仮想通貨) を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る