元米国証券取引委員会(SEC)の委員長ジェイ・クレイトン氏は、ビットコインは長い間証券として分類されていないと述べている。しかし、3月31日のCNBCのSquawk Boxで、同氏はまもなく敷かれる可能性のある新しい規制ではこの証券ではないステータスは変更されるかもしれないと警告した。

ホストのアンドリュー・ロス・ソーキン氏は、クレイトン氏の監視の下ではSECはビットコイン規制についての立場をとっていなかったと指摘したが、彼はSECの長に就任する前に、ビットコインは証券ではないと宣言されたためだと答えた。

「私がSECに来る前に、ビットコインは証券ではないと判断されていた。したがって、ビットコインに対するSECの管轄はかなり間接的なものであった。」

クレイトン氏は、2020年12月にSECを離れた後も業界に留まり、現在米投資会社ワン・リバー・アセット・マネジメントで暗号通貨について助言する立場にある。

彼は、前に率いていたSECからどのような新しい法律が生まれているのかについて特別な見通しは持っていないと公言しているが、規制環境は揺らいでいると信じている。

「デジタル資産はこの先、国内および海外の両方の規制によって部分的に推進されるだろう。私は今、一市民として話しているが、銀行、証券口座、税務などでの保持され方についての規制が、直接的にも間接的にもこの分野で敷かれることを期待している。この規制環境は進化していくだろう。」

クレイトン氏のコメントは、億万長者のヘッジファンドマネージャーであるレイ・ダリオ氏が、1930年代の金と同じように米国がビットコインを禁止する可能性があると警告したわずか1週間後であった。

ビットコインは証券ではないという彼のコメントは、ビットコインとイーサリアムが証券ではないという結論に到達したSECからの文書を求めるリップルの視点からすると興味深いものである。

同社とその支持者らは、XRPは証券ではないと繰り返し主張してきたが、SECはXRPは集中化されているため著しく異なると考えているようである。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!暗号資産 (仮想通貨) を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る