取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!

仮想通貨ビットコインは26日も続伸し、一時13573.81ドルと、昨年1月来の高値を更新した。先物市場で最大のCMEでのビットコイン先物取引の出来高も、5.15億ドルと過去最高を記録したと、報道官が明らかにした。

7月には、NY証券取引所を運営するICEが新たなビットコイン先物プラットフォームLedgerXの試験を開始する計画。

ビットコイン急伸の理由としては、

・フェイスブックによる仮想通貨市市場への参加
・低金利
・ヘッジファンドによるショートカバー

などが指摘されている。

世界最大のソーシャルネットワーキングサービス大手のフェイスブックが同社の仮想通貨「LIBRA」プロジェクトを発表。主要経済に仮想通貨がさらに食い込まれていくとの期待が広がった。本年始め、TDアメリトレード、フィデリティといった米国の大手証券会社が仮想通貨市場への参入を発表しており、機関投資家による参入期待も広がっており、市場を支えた。

CFTCが毎週発表するヘッジファンド、マネーマネジャーのポジションを示すデータによると、6月11日時点でビットコインの売り持ち高は買い持ち高を47%上回っていた。翌週、6月18日時点でのデータによるとその差は14%まで縮まった。ただ、多くのマネジャーが依然、ビットコインの下落を予想していたことになる。それ以外の投資家はさらに弱気で、売り持ち高は買い持ち高のほぼ3倍以上に達していた。

市場がかなりの売り持ちに傾いていたことも、今週のビットコインの急伸に繋がったと考えられる。

配信元:
暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
公式サイトを見る