9月19日、米下院で金融犯罪取り締まりネットワーク(FinCEN)にブロックチェーンを含む「革新的な技術」の使用を研究するよう求める法案が可決された。現在、上院で審議されている。

この法案には、FinCENがブロックチェーンやAI、デジタルID技術などの革新的技術を利用してデータ分析をより効率化できるかどうか調査することを求める内容が含まれている。

この法案が施行された場合、マネーロンダリング(資金洗浄)対策やICO(仮想通貨を利用した資金調達)規制などの目的で暗号資産(仮想通貨)業界にFinCENが介入する可能性が出てくる。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る