野村ホールディングスと野村総合研究所の合弁会社ブーストリーが、ブロックチェーンを活用したデジタル証券プラットフォーム「ibet」の公式ページを公開したことが15日に明らかとなった。

「ibet」は、金融商品を含むデジタル化された様々な権利の発行と取引ができるプラットフォーム。「ibet」上で発行される様々な権利と取引方法は、ブロックチェーン上のスマートコントラクトによってプログラム化され、権利の売り手と買い手の当事者間で、直接取引が可能になるという。

セキュリティ・トークンとは、株式や債券など実社会における資産をブロックチェーン上でトークンとして管理するもののことを指すが、「ibet」では、トークンについて、社債、会員権、サービス利用権など“様々な権利の総称”としている。

野村HDと野村総合研究所は2019年6月、有価証券等の取引基盤を開発・提供する合弁会社の設立について基本合意書を締結したと発表した。そして同年9月、合弁会社ブーストリーが設立された。資本金は11億7,500万円(資本準備金含む)で、出資比率は野村ホールディングスが66%、野村総合研究所が34%となっている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る