取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン

ソーシャルゲーム事業やクライアントワーク事業などを手がけるカヤックは22日、神奈川県がSDGs(持続可能な開発目標)のさらなる普及促進を目指して取り組む「SDGsつながりポイント」の実証実験を、11月21日~12月18日まで鎌倉市内で実施すると発表した。

カヤックは実証実験にあたり、神奈川県と共同で、同社が開発したコミュニティ通貨サービス「まちのコイン」をもとに、地域活動の参加や地域内の仲間づくりの機会を増やすためのアプリケーションを新たに開発したという。今後の本格導入に向けた検証を目的としている。

「まちのコイン」アプリは、ブロックチェーン技術を使い、QRコードを介して、ユーザーがポイントを獲得・利用できるコミュニティ通貨サービス。ユーザーは地域活動などに参加するとポイントを獲得し、獲得したポイントは加盟店等で利用することができる(円への換金は不可)。

同アプリはダウンロードするだけで、鎌倉市内に限らず市外の人でも使用できる。鎌倉市での実証実験では、1円=1クルッポという単位で実施するとしている。「まちのコイン」のもらう・つかう例としては、カフェ「Siblings kamakura」で、フードロス活動として、18時~20時限定で当日廃棄になってしまうパンを300クルッポで引き換えることができるほか、鎌倉で働く人が利用できる「まちの社員食堂」で、知らない人と知り合いになると100クルッポがもらえるといった例を挙げている。

同社は『11月22日現在、鎌倉市内の店舗や企業など14団体が参加し、約50のもらう・つかうの体験を提供している』と伝えており、今後は『来春に本格導入予定の小田原市のほか、神奈川県下市町村での本格導入を目指し、子ども食堂、里地里山保全、再生可能エネルギー、フードロス活動など、SDGsに関する様々な地域での活動やイベントに「SDGsつながりポイント」を活用していきたい』との考えを明かしている。

配信元:
仮想通貨・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
公式サイトを見る