文部科学省科学技術・学術政策研究所が行った、先端技術に対する社会的な受容性を把握するための意識調査で、暗号資産(仮想通貨)を「受け入れる」と回答した割合が33%と最も少なかったことが明らかとなった。12月2日付で日経新聞が報じている。

調査は15~69歳の3000人を対象とし、インターネットを使って8-9月に実施したという。調査の結果、各技術を「受け入れる」と回答した割合が最も多かったのが「仕事中にロボットがあなたを助けること」で82%。あとに「ドローンによる配達」、「ロボットによる介護」「携帯電話(5G)」が続き、いずれも8割近くに達している。「人工知能(AI)などを使った完全自動運転」や「ロボット手術」は5割台だったようだ。

一方、回答が最も少なかった「仮想通貨」のほか、「クローン農作物」、「ゲノム編集技術を用いた食品」なども4割を下回ったとしており、『新しい技術も受け入れに慎重な声がある』と伝えている。

配信元:
暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
公式サイトを見る