大手暗号資産(仮想通貨)取引所のビットフライヤーは9月30日、同日より同社の顧客と、子会社である bitFlyer EUROPE S.A.(以下「bitFlyer EUROPE」)の顧客間でのクロスボーダー取引(国境を越えて行われる取引)が可能になったと発表した。

これにより、bitFlyer EUROPE の顧客は、既存のアカウントを利用したまま、より流動性の高いビットフライヤーのビットコイン(BTC)/日本円(JPY)ペア取引が可能になるとともに、BTC/JPY ペアの更なる流動性向上が期待されるとしている。
同社は、日本のビットコイン市場について『世界最大の市場の 1 つであり、世界のビットコイン(BTC)対 各国の法定通貨(FIAT)の取引量の約 20 %が日本円(JPY)に対して取引されている(Coinhills 調べ、2020年9月現在)』と伝えている。そして、日本最大級の暗号資産取引所である同社は、日本円(JPY)取引量の70%以上のシェアを占めており、高い流動性を保持しているという(Bitcoin 日本語情報サイト調べ)。

クロスボーダー取引開始に伴う流動性の向上により、両社の顧客は、取引に際した売買価格のスプレッドリスクやスリッページリスクを軽減でき、より安全で円滑な取引を行うことが期待できるとしている。

発表に際しビットフライヤーは、同グループの長期的な目標は、「日米欧の顧客がグローバル共通のプラットフォームですべての取引ペアを利用できるようにすること」として、「今後も顧客に喜んでもらえるサービスを提供できるよう、社員一同日々取り組んでいく」とコメントしている。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る