DMMグループ傘下で暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するDMMビットコインは、2020年7月22日よりレバレッジ取引において、新たに「ベーシック アテンション トークン(BAT)」と「クアンタム(QTUM)」の取り扱いを開始すると発表した。

2020年7月22日メンテナンス後の18時より、BATとQTUMの売買の取り扱いを開始するという。

DMMビットコインのレバレッジ取引では現在、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)を取り扱っており、2020年2月からは新たにステラルーメン(XLM)、モナコイン(MONA)の取り扱いを開始した。今回のベーシック アテンション トークンとクアンタムの追加により、取り扱い通貨は11通貨となる。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る