以下は、フィスコ客員アナリストの大石哲之(「ビットコイン研究所)」代表、ツイッター@bigstonebtc)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

—-
※2020年10 月8日に執筆

法人が直接ビットコインを保有する事例が増えている。先日は、米マイクロ・ストラテジー社が、38,250BTCを保有(約440億円相当)のビットコインを保有していることを表明し、話題になった。CEOのインタビューで語られたところによれば、米ドルなどのフィアットマネーはコロナ禍の金融緩和で年間20%も価値を既存しており、かといって他に有利な投資先や、流動性のある商品が見当たらないという。博打ではなく、冷静に比較検討した結果、ビットコインの保有が株主資本の保全にもっとも有利だとの結論に至ったとしている。

昨日は、更におもしろいニュースがあった。米決済の大手Square社が、資産の1%に相当する5000万ドルを用いて、4709BTCを購入したと発表したのだ。Square社は決済企業であり、またビットコインの売買もアプリを通して提供しているため、あくまで決済用途で購入したのかと思いきや、純粋な資産として長期投資のためということのようだ。

いずれにしても、いままで法人が暗号通貨の将来に投資する場合は、関連企業に出資したり、事業提携したりすることがほとんどで、直接的にコインを保有するということはなかった。直接保有には、上場企業であるから株主への説明や取締役会の説得など、ややこしい過程が必要である。それを乗り越えてまで直接保有を行う企業が出現してきたというのは、エポックメイキングな出来事である。

Square社の例のように資産の1%をビットコインに振り分けるというのはポートフォリオ理論的にも合理的である。今後も1%をめどに、ビットコインをヘッジ資産として組み入れる企業やファンドが増えていくことに期待したい。

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る