「Defiプロジェクト「renVM」」(※1)ではRENを基盤トークンとするBTCステーブルコインのrenBTCを取り上げたが、tBTCはKEEP、pBTCはPNTをそれぞれ基盤トークンとするBTCステーブルコインであり、いずれもスマートコントラクトでBTCが発行される。

Ethereum上で発行されている分散型BTCステーブルコインのシェアは、renBTCが19.6%に対して、tBTCが0.28%、pBTCが0.09%である(10月6日時点)。「分散型管理」を謳うタイプのものでは、renBTCのシェアが圧倒的に大きい。また、各トークンのスポット取引を扱う取引所の数もrenBTCが最も多い(coinGeckoより)。

renBTC、tBTC、pBTCは、いずれも今年の3月から5月にかけてローンチされたプロトコルであり、完全なバージョンに向けた移行が進められている。renBTCとpBTCは「フェーズゼロ」である。一方、tBTCは、5月にゼロ版が公開されたが、その2日後にバグが発見されたため、9月22日に改良を加えた2版がローンチされた。

pBTCは、現状のフェーズゼロでは手数料がゼロであり、発行枚数の制約も強くないため、スケーラビリティは相対的に高いと見られる。一方、取引を承認するバリデーターは単体であるため、分散化が実現できていない。tBTCでは、バリデーターが担保としてETHを預けた際の利率が、Yield Farming(流動性を提供することで得られる利率や手数料)よりも低い。手数料はrenBTCよりも割高であり、発行後、最低6ヵ月というロック期間も定められている。renBTCについても「RENの価格を外部から取得していない」といった課題が指摘されている。
※1:https://web.fisco.jp/platform/selected-news/00108100/0010810020201006001

出所:Coin Market Cap

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る