カテゴリー別にDefiのサービスを見ると、トレーディングはレンディングと並んで大きいTVLを抱える。トレーディングは、中央集権型取引所のCEXと分散型取引所のDEXに大別されるが、Defiの中心はDEXである。

CEXでは、(1)身分証や住所証明書の提出がKYCに必要、(2)顧客資産はCEXが管理する、(3)取引はCEXのオーダーブックで行う、(4)CEXが選択した複数の流動性プロバイダーが流動性を提供する、(5)Maker/Taker/Funding手数料が必要になる。一方、DEXでは、(1)KYC不要、(2)資産はユーザーが各ウオレットで管理する、(3)取引は個々のDEX、複数のDEXのアグリゲート、プールで行われる、(4)不特定多数の個人や機関投資家が流動性を提供する、(5)Maker手数料が不要である。

上位10のDEXの月間取引高は、7月の38億ドルから9月には304億ドルに増加した。7月時点ではDEXが取引所取引高全体に占める割合は2.2%に過ぎなかったが、9月には9.2%にまで上昇した。このように7~9月に急拡大した取引高であったが、10月にHarvest.Financeのハッキング事件により大きく取引量が縮小し、8月以来の水準に戻っている。

DeFiPulseでは10のプロジェクトがDEXに分類されている。個々のプロジェクトは、板で取引されるオーダーブック方式か、あるいは流動性プールの中で価格が自動的に決定されるAMM方式、PMM方式かといった点が異なっている。

DeFiPulseによると、DEXのTVL全体の67.35%をUniswapが占める。9月18日からの基盤トークンUNIの配布や、その後のバイナンス上場などが、UniswapのTVL急増につながった。2位はステーブルコイン同士のDEX のCurve Finance、3位は自動ポートフォリオ管理を提供するBalancer、4位はUniswapから分岐したSushiswap、5位は新規の中国系プロジェクトのDODOである。DuneAnalytics によると、過去7日間のDEXの取引量のうち、51.3%をUniswap、41.7%をCurveが占めた。8月には、Uniswapの日次取引量がCoinbaseを上回ったことが注目を集めた。取引活動のあったユニークアドレスの数も、Uniswapが他のDEXプロジェクトを圧倒している。
出所:Coin Market Cap

配信元:
PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!

暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
最大レバレッジ100倍で取引可能!FX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!
公式サイトを見る