取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
この記事のポイント
  • SBIグループが運営する仮想通貨取引所「VCトレード」において、新たにビットコインの取引が開始
  • 同取引所ではこれで3種類の仮想通貨(BCH, BTC, XRP)の取引が可能となる

日本のSBIグループの傘下であるSBIバーチャルカレンシーズは6月18日、ビットコインと日本円の為替取引を開始した。同社は日本国内で仮想通貨取引のナンバーワンの地位を目指す。これにより利用者は、同社が運営する仮想通貨取引所「VCトレード」において日本円とビットコインの為替が利用可能となる。

VCトレードにおいては、6月8日にビットコインキャッシュ(Bitcoincash/BCH)の取り扱いがスタートしている。今回のビットコインの取引開始はその後を追う形だ。
日本の金融企業SBIグループによって新たな取引所として開設されたVCトレードだが、サービスの開始に至るまでは、取引所の整備を含め様々な課題があり、開始は何度も延期されてきた。
同取引所は日本政府から認可され、16の仮想通貨取引所の一角となる。

SBIグループは東京に本社をおき、ローンやアセットマネジメントなどのサービスを展開している。また日本国内で最大規模の金融商品取引の仲介を行っており、SBI証券など合計で850万もの提携先を抱えている。
ビットコインやビットコインキャッシュの取り扱いが開始される前、同取引所で唯一リップル(Ripple/XRP)のみが取り扱われていた。今回のビットコイン取引の開始により、同取引所ではリップル、ビットコインキャッシュ、ビットコインの3種類の仮想通貨の取引が可能になる。

現在、取引可能な金額は500円〜500万円である。これに応じてビットコインキャッシュにおいては0.0001~40BTH、ビットコインでは0.0001~5BTC、リップルでは10~70,000XRPとなる。

仮想通貨・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
公式サイトを見る
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
公式サイトを見る
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
公式サイトを見る