国際的ブロックチェーン企業Bitpie(ビットパイ)が主催する「クリプト超会議」が9月8日(土)、東京都六本木にて開催されました。


イベントではBitpieの技術者による登壇、仮想通貨界隈で人気のインフルエンサーによるトークセッションのほか、ゲストとしてBytom(BTM)の海外責任者であるZoe Peng氏も来場。さらに仮想通貨アプリ「コイン相場」を運営する沼崎氏と海外技術者による国際トークセッションでは「グローバルと日本のブロックチェーン事業の共通点と相違点」などをテーマに議論が交わされました。

▼イベントの詳細レポートはこちら
https://bitdays.jp/special/report/12367/

<イベント概要>
名称:仮想通貨ウォレットアプリBitpie presents クリプト超会議
日時:9月8日(土)14:00~17:00

<イベント内容>
1.Bitpie(ビットパイ)開発・運営者による事業アプリ紹介
■Bitpie CEO 文浩氏「ウォレットの安全性と開放性」
「Bitherウォレット」「Bitpie(ビットパイ)」「BITHD(ビットシールド)」など各種ウォレットを紹介。
「なぜマルチチェーンが必要になるのか?」や「なぜプラットフォームの解禁が必要なのか?」について解説。

■Bitpie CTO 宋辰文氏「ブロックチェーン資産の安全管理について」
Bitpieチームは過去5年間、安全についての事故が全くありません。また、Bitpieは安全面以外にもシンプルで使いやすいという初心者向けのメリットがあるのが魅力的です。

2.インフルエンサーによるトークセッション第一部
■仮想通貨ウォレットに求めるもの
仮想通貨ウォレットに求めるものといえば、やはりセキュリティや使いやすさに加え、運営者が見えるなど信頼できるものが一番だという意見が多く出ました。

■日本の仮想通貨決済の現状と今後とは
日本では、仮想通貨決済を導入している店舗でも、実際は仮想通貨の扱いに慣れていない店員さんもいることを指摘しました。地方だと仮想通貨決済をやめてしまった店が多いという残念な報告も。仮想通貨に限らずとも、まずはキャッシュレス化が進んだ方がいいという意見にまとまりました。

3.インフルエンサーによるトークセッション第二部
■日本のブロックチェーンプロジェクトの現状
「今のブロックチェーンは昔のダイヤルアップのようなもの」。ブロックチェーン産業に参入したいという人が増えている点を示唆しました。また、ブロックチェーンエンジニアが求められている現状も話題に。ホワイトペーパーを見ると「ブロックチェーンじゃなくてもいいのでは」と思うものが多いなかで、しかし結果的に流行るのはブロックチェーン関連だということでした。

・日本のブロックチェーンプロジェクトの未来を予測
「仮想通貨を知らない人がゲームを通して自然と使うようになって欲しい」「仮想通貨に対する“怪しい”というイメージを排除しつつ事業を進めたい」「ブロックチェーンとゲームは相性がいい。もっと簡単にブロックチェーンに保存できるようになってほしい」などの声が挙がりました。

4.海外技術者とコイン相場沼崎氏による国際トークセッション
・グローバル事業者が考える仮想通貨資産の安全保護
・グローバルと日本のブロックチェーン事業の共通点・相違点
日ごろ日本で暮らしているだけでは得られないグローバルな視点、比較対象があるからこその客観的な意見などが飛び交い、会場の参加者も真剣に話しに聞き入っていました。

5.Bytom(BTM)海外

責任者による事業・サービス説明
Zoe Peng 氏は「資産の変化」や「世界の資産範囲」について解説した上で、Bitcoin(ビットコイン)の不足点とその解決策を解説。
そしてBytomチームのビジョン「インターネットの資産を作る」ことについて語りました。
Bytomはデジタル化された資産の世界と物的資産の世界を繋げる掛け橋となり、現実世界とバーチャル世界を繁栄させていきたいとのこと。

6.来場者限定AirDrop
来場者にはEOS-ADDトークンもしくはBytomのいずれかに対応するコードが配られ、Bitpieアプリから入力すればもれなくトークンがもらえるという通貨の無料配布もおこなわれました。

7.懇親会
おしゃれに飾られたテーブルでドリンクと軽食が振舞われました。食事をしながら参加者士の交流を楽しむ姿、ウォレット開発者やインフルエンサーに質問する姿などが伺え、それぞれ充実した時間を過ごされているようでした。

<登壇者>
Bitpie CEO 文浩氏
Bitpie CTO 宋辰文氏
Bytom 海外責任者 Zoe Peng氏
コイン相場 沼崎悠氏

<インフルエンサー>
司会:たそがれちゃん(@coingirl3)氏
アラタ/仮想通貨な渋谷系ITリーマン(@cry_curr_ar)氏
雨弓(@rain_vc)氏
Kim(@kimnao3333)氏
フクロウ・セグレゲイテッドウィットネス(@CryptoC_x)氏
カズト(@nomad_btc)氏
岡田早季(@sakiarise)氏
神谷知愛(@gilmg210)氏
ミツヤコウヘイ(@mitsuya615)氏

▼イベントの詳細レポートはこちら
https://bitdays.jp/special/report/12367/

<仮想通貨ウォレットアプリBitpie(ビットパイ)について>
「Bitpie(ビットパイ)」は多様な通貨を一括で安心・安全に管理できるウォレットアプリです。40種類以上の通貨に対応し、イーサリアム(ETH)系トークンのほかEOS系のトークンにも対応。
マルチシグにも対応しているため、高度なセキュリティを誇るほか、Bitcoin.orgから推薦された「Bither Walletチーム」が手掛けているため安心・安全に利用できます。
アプリについて詳しくは公式サイトをご覧ください。
https://bitpie.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!