次世代ブロックチェーンであるDAG技術は、マイニング行為を無くし、トランザクションを蜘蛛の巣のように複数接続する事で、送金時間を大幅に短縮することに成功しています。

KIZUNA GLOBAL Inc.はセキュリティートークンで日本初となる次世代型ブロックチェーンDAG技術を実装した KIZUNACOINの開発を行なっています。
既存のブロックチェーンにおける問題点は送金時間が長く、手数料が高額である事です。
それらの欠点を克服するため、次世代ブロックチェーンであるDAG技術は、マイニング行為を無くし、トランザクションを蜘蛛の巣のように複数接続する事で、送金時間を大幅に短縮することに成功しています。
また、3/8に行われた、Paycent 国際会議にて東京都湯島にあるVIPSTAR本社でKIZUNACOINは仮想通貨を様々なプラットフォームで決済可能なPaycent Cardと提携を表明しました。

KIZUNA GLOBAL Inc.はセキュリティートークンで日本初となる次世代型ブロックチェーンDAG技術を実装した KIZUNACOINの開発を行なっています。

KIZUNA GLOBAL TOKEN
KIZUNA GLOBAL Inc.はKIZUNACOIN PROJECT、今後展開する事業との連携と株式価値の付与を目的としたセキュリティートークンとユーティリティートークンの双方の機能を付与するハイブリットトークンを開発しています。1933年米国証券法に基づいたオフショア市場での取引が可能なセキュリティートークン(株式トークン)の構築と開発をしております。

KIZUNACOIN
DAG(Directed acyclic graph)技術は次世代型のブロックチェーンである理由はマイニングの不要化と送金時間の短縮による実用性の向上を可能にします。

既存のブロックチェーンにおける問題点は送金時間が長く、手数料が高額である事です。
例えば、ビットコインで使用されているブロックチェーンは一定数の取引情報を記録化し、マイニングによって暗号化、作成された暗号化情報を全ユーザーと共有する過程がある為、デメリットとして送金に時間がかかる、取引にかかる手数料が高額になる問題を抱えています。

そこで、次世代ブロックチェーンであるDAG技術は、マイニング行為を無くし、トランザクションを蜘蛛の巣のように複数接続する事で、送金時間を大幅に短縮することに成功しています。
具体的には、一回の取引情報一つずつ処理していき、記録された取引情報が蜘蛛の巣上に広がるように形成されています。
暗号化に関しては、取引した人が暗号化を行うと同時に、過去に行われた取引の検証と承認を行えるため取引時間が非常に短く、データをマイニングする必要もない為、手数料のコストが低いなど非常に大きなメリットを持っています。

それ以外にもDAG技術はマイニングによるブロックの生成やブロックサイズとなどの概念が無いのも特徴で、今後、事業拡大や大幅なアップデートなどにも耐える事が可能です。

KIZUNACOINのコンセプトは暗号通貨における相互のやり取りをテクロジーの力で強化する事であり、今後の計画としてKIZUNACOINはインターネット内において仮想通貨としての扱いから脱却し暗号通貨や法定通貨からKIZUNACOINに変えて、決済が可能になることを目標としています。また多彩なオンライン上でもKIZUNACOINを電子マネーと同じような決済が可能になる未来を目指せるような提携を計画しています。3/8に行われた、Paycent 国際会議にて東京都湯島にあるVIPSTAR本社でKIZUNACOINは仮想通貨を様々なプラットフォームで決済可能なPaycent Cardと提携を結び、今後マスターカード、VISA、アリペイ、ユニオンペイ、Wechatなどの電子決済へ適応を可能にするための実証実験開発を進めています。

また、仮想通貨の認知度向上のためにマーケティング活動を展開し、「仮想通貨とは何か」を伝え心理的な抵抗を軽減するとともに、多国籍企業のマーケティング戦略をビジネスモデルの参考としたグローバル化と市場で日本初のDAG技術とKIZUNACOINを発展させるため、邁進を続けます。

企業概要
KIZUNA GLOBAL Inc.
所在地:257 Churchmans Road New Castle, DE 19720, U.S.A.
プロジェクト名:KIZUNA PROJECT
トークン名 : KIZUNA GLOBAL TOKEN
略称 : KGT
Webサイト:https://kizunaglobal.com/
本件お問い合わせ先: [email protected]
協力企業
デジタルジャーナル
URL:https://www.digitaljournal.jp
デジタルジャーナル 運営会社
株式会社ブルーキャッスル
URL:https://www.bluecastle.jp

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!