次世代ブロックチェーンプロジェクト「Trias」(本社:ケイマン諸島 CEO:RUAN Anbang)の日本法人であるTrias Japan株式会社(東京都港区、代表取締役:舘岡邦雄)は6月1日(土)、BINARYSTAR(同中央区銀座)にて法人設立の記念イベントを開催することをお知らせいたします。

オックスフォード大学、北京大学出身者による強力な開発チームを背景に、主に中国国内の電力、海洋、農業、林業、電子商取引、消防、金融などの分野で実用化が進んでいる同プロジェクト。イベント当日はCEOのRUAN Anbang氏らを招き、Triasのビジョンや革新的な技術、これまでの実績等を紹介していただきます。

ブロックチェーンの導入を考えている企業様はもちろんのこと、少しでも興味のある方は、是非お気軽にご参加ください。


【Triasについて】

Triasはサーバーや個人向けパソコン、モバイルデバイス、IoTデバイスなどのアプリケーション全てに対応した、新世代のマルチチェーンプラットフォームであり、開発フレームワークであり、コラボレーションエコシステムです。

Triasは汎用アプリに対応する新しいパブリックチェーンシステムを再定義し、分散型SaaS(DSaaS)のプラットフォームを構築。DSaaSは企業データの漏洩、改ざん、悪用を効果的に防止でき企業のコアデータと主要サービスの安全性・信頼性を実現します。 市場の発展に伴い、Trias Groupは2019年5月、日本法人としてTrias Japan株式会社を設立。ブロックチェーン技術の開発を主として、トラステッドコンピューティング、AI、IoTなどの分野に注力し、業界の問題点と顧客のニーズを深く掘り下げるとともに、製品の実用化を推進していきます。

Triasのブロックチェーンテクノロジーに基づいたプラットフォームは現在、電力、海洋、農業、林業、電子商取引、消防、金融などの分野で実用化が進んでいます。

Triasプロジェクトは2019年末までに、800万ドル以上の営業利益が見込まれています。ブロックチェーン技術の特性に対する各業界の理解が深まる中、Triasは更なる実践に挑戦し、ブロックチェーンの社会実装を推進していきます。今後に是非ご期待ください。

Triasのコアシステムである「三権分立」
【イベント詳細】
<日時>
2019年6月1日(土)13:00~

<場所>
東京都中央区銀座一丁目8-19 キラリトギンザ11F
BINARYSTAR イベントホール

<参加費>
無料

<参加申し込み>
https://forms.gle/7ozqidiLi1bsVeMv5
上記フォームからお申し込みください。

<当日タイムテーブル(予定)>

【メインスピーカープロフィール】
RUAN Anbang(阮安邦)CEO


Triasプロジェクト創始者。オックスフォード大学博士(工学)。元オックスフォード大学OeRC研究員。トラステッドコンピューティングおよびクラウドコンピューティング、仮想化プラットフォームのセキュリティなどに関して10余年の研究実績があり、第7次欧州研究開発フレームワーク計画(FP7)では相関の研究プロジェクトに従事。論文多数。

WEI Ming(魏明)CTO


Triasプロジェクト最高技術責任者。北京大学博士。元中国航天科技集団有限公司(CASC)主席ソフトウェアアーキテクト、西門子中国研究院エンジニア。クラウドコンピューティングやAIなど幅広い領域における開発経験を持つ。

【会社情報】
Trias Japan株式会社
東京都港区赤坂7-3-37
資本金 999万円
代表取締役 舘岡邦雄
お問合せ先 one@trias.tokyo
イベント申し込みフォーム https://forms.gle/7ozqidiLi1bsVeMv5
Triasホームページ https://www.trias.one

企業プレスリリース詳細へ