株式会社レジストアート(本社:東京都港区、http://www.reg-art.com/) は、この度、2020年1月25日(土)~4月12日(日)に東京・品川の原美術館で開催される『森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020−さまよえるニッポンの私』への協賛を決定しました。『森村泰昌』展は、森村泰昌氏の初期作品から、最新作までを網羅した個展となります。

当社は、日本国内だけでなくグローバルな視野で、ブロックチェーンという新技術を利用した、アートマーケットの活性化と変革を目指しています。森村泰昌氏は、世界中のあらゆる有名なイメージに自身が入り込むセルフポートレイトという手法で、時代が進むに従いデジタルな技術も取り入れながら、時代や国境、性別を超えた作品を制作し続けています。そのような森村氏の作品コンセプトと制作姿勢に共感し、今回協賛を決定いたしました。

また国内外で評価の高い原美術館への協賛を通して、より良いサービスの提供を継続していくとともに、海外マーケットにおいても認知されるグローバル・プラットフォームを目指して参ります。

【開催要項】
展覧会名 「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020−さまよえるニッポンの私」
(欧文表記 Yasumasa Morimura: Ego Obscura, Tokyo 2020)
主催: 原美術館
協賛: regist ART
協力: 一⾊事務所 千島土地株式会社
会期: 2020 年1 月25 日[土]- 2020 年4 月12 日[日]
住所: 東京都品川区北品川4-7-25 〒140-0001 Tel 03-3445-0651
E-mail: [email protected]
休館日: 月曜日(祝日の場合は翌平日)
開館時間: 11:00am-5:00pm(水曜は8:00pm まで/入館は閉館時刻の30 分前まで)
入館料: 一般1,100 円、大高生700 円、小中生500 円、70 歳以上550 円/原美術館メンバーは無料、 学期中の土曜日は小中高生の入館無料/20 名以上の団体は1 人100 円引
交通案内: JR「品川駅」高輪口より徒歩15 分/タクシー5 分/都営バス「反96」系統「御殿山」停留所下車、 徒歩3分/京急線「北品川駅」より徒歩8 分
ウェブサイト: https://www.haramuseum.or.jp
作品点数: 約20点

■作家プロフィール

森村泰昌Yasumasa Morimura
1951年 大阪市生まれ。大阪市在住。京都市立芸術大学美術学部卒業、専攻科修了。
1985年 ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作。以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。
1988年 ヴェネチアビエンナーレ/アペルト88に選出され、以降国内外で展覧会を開催する。主に西洋の絵画や、映画、マスメディアのイメージから主題をとることが多く、これまで、ゴッホ、ベラスケス、ゴヤ、フェルメール、フリーダカーロといった西洋絵画から主題をとったほか、映画などのポップカルチャー、レクイエムシリーズにみられる報道写真まで、さまざまな主題を通して、アイデンティティーや、ジェンダーの問題を投げかけるだけでなく、メディアとしての絵画や写真とは何かといった問題への考察を含み、アーティスト自⾝と、観客に対して様々な視差を提示する。 主な個展に「森村泰昌 美に至る病―女優になった私」(横浜美術館 1996年)、「森村泰昌 [空装美術館] 絵画になった私」(東京都現代美術館ほか 1998年)、「私の中のフリーダ 森村泰昌のセルフポートレイト」(原美術館 2001年)、「森村泰昌:なにものかへのレクイエムー戦場の頂上の芸術」(東京都写真美術館ほか 2010年)、 「Yasumasa Morimura: Theater of the Self」(アンディ・ウォーホール美術館/ピッツバーグ 2013年)、「森村泰昌: 自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき」(国立国際美術館 2016年)、「Yasumasa Morimura. The history of the self-portrait」(国立プーシキン美術館/モスクワ 2017年)、「Yasumasa Morimura: Ego Obscura」(ジャパン・ソサエティー/ニューヨーク 2018年)など。
2014年 ヨコハマトリエンナーレ2014のアーティスティックディレクターを務める。
2018年 レクチャーパフォーマンス「森村泰昌:日本、チャチャチャ!」を、ポンピドウ・メス(フランス メス)、 港区男女共同参画センター・リーブラホール(東京)、ジャパン・ソサエティー(ニューヨーク)にて上演。 2018年 大阪北加賀屋に「モリムラ@ミュージアム」が開館。
2019年 新著「自画像のゆくえ」を刊行。
2007年度 芸術選奨文部科学大⾂賞、2011年 第52回毎日芸術賞、日本写真協会賞。同年秋、紫綬褒章を受章。 近著に「森村泰昌/全女優」「まねぶ美術史」「対談 なにもかへのレクイエム/20世紀を思考する」「美術、応答せよ」など。

■原美術館について
原美術館は、原俊夫氏が1979年に設立した私立現代美術館。公益財団法人アルカンシエール美術財団を母体とし、現代美術を通じた国際交流の推進と現代美術の活性化、アーティストの支援の場として活動を続けている。東京都品川区の閑静な住宅街に佇む原美術館では、特徴的な建築の空間を生かした、現代美術の展示が行われ、国内外のアート関係者から高い評価を得ている。1988年には別館として群馬県渋川市にハラ ミュージアム アークを開館し、二つの美術館で多彩な活動を展開している。

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社 レジストアート(regist ART Inc.) 担当:小山、松山
TEL: 03-5766-1335 (アートイット事務局)
E-mail: 小山 n.oyama[email protected]
松山 [email protected]

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!