第1弾ゲーム「JobTribes」ストーリー構成を担当するトップクリエイター 樹林伸氏と 展望を語る

Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.は、2019年8月1日付けで
吉田直人氏のCEO就任を発表しました。
Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.は、シンガポールに本拠を構え
エンターテイメントの分野に特化したブロックチェーン事業を展開する企業です。

事業の特長として、オリジナルIPの開発に
日本のマンガ、アニメ、ゲームの世界で活躍するトップクリエイターが数多く参加することが挙げられ
ブロックチェーン技術のビジネス活用の面でも注目を集めています。

吉田直人氏は、2020年2月ローンチを目指して開発中のブロックチェーン活用ゲーム「JobTribes」の
ストーリー構成を担当する樹林伸 氏と特別対談の中で、会社と事業の将来展望について語りました。


CEO 吉田 直人(Naohito Yoshida)

雑誌編集業から28歳でゲーム・アニメの会社グラムスを立ち上げる。
デジタルアニメの黎明期にいち早く参入するも、32歳で癌を発症。
34歳で会社倒産、個人も自己破産するが、再起し
人材事業・コンテンツ事業・メディア アドテク事業で計3社の上場企業を設立。
現在は東証マザーズ上場 株式会社イオレ取締役会長を兼務。
ブロックチェーンの発達でエンターテイメント業界が激変すると確信し20年ぶりにエンタメ事業へ復帰。

■吉田直人 ゲーム市場での過去の取り組みについては
こちらの記事をご覧ください。
(4Gamer.net)https://www.4gamer.net/games/452/G045232/20190723063/

樹林伸 氏との対談で会社の展望を語る
DEA社から2020年2月リリースされるゲーム「JobTribes」

YouTube「JobTribes」公式チャンネルでも対談などの様子を配信中。



【特別対談:吉田直人 × 樹林伸】
■「Digital Entertainment Asset」に込めた想い

樹林:
吉田さんがCEOに就任したのはどんな会社なんでしょうか?

吉田:
会社の名前が「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.
「デジタルデータにいかに価値をもたらすか」という想いが込められています。

これからは、デジタルデータが価値を持つ時代。

その時に、マンガ、キャラクター、アートなどエンターテイメントに特化した形でゲームを通じて世界に広げるという事業を行う会社です。

日本で起業するという選択肢も考えたが、シンガポールを選びました。
それは、最初から日本語、英語、中国語のマーケットに僕らのデジタル・アセット、ゲームを出していこうと思ったから。

「世界で戦う」ことを決めている。

樹林:
それ、大きいと思いますよ。

例えば僕のマンガ「神の雫」は世界での売上の方が大きい。(注釈:総発行部数 1000万部超、海外での売れ行きは600万部以上)

マンガ、ゲーム、アニメーションを作る時は最初から「海外で当てるんだ」という意識を持って始めることが大事。

■「Digital Entertainment Asset」遥かな目標

樹林:
DEA社はどのくらいの規模の会社を目指している?

吉田:
Googleさん、Facebookさんを目指していきたい。
Googleが「Stadia」というクラウド型のゲームサービスを開始したり、Facebookが独自の暗号資産「Libra」リブラをつくったり。

世界はそういう方向へ動いている。

ユーザー目標は20億人!

樹林:
すごいですね そのスケールは!

吉田:
日本における超大手の会社さんはブロックチェーン事業はなかなかやりづらい。

ベンチャーとして、大手の方が様子を見ている間に暴走してみようかなと(笑

※他にも同世代の2人の対談は大盛り上がり。

この他のトピックはオフィシャルサイトやSNSで随時公開していきます。

■ブロックチェーン活用ゲーム「JobTribes」が導く未来予想図

YouTubeの登場で生み出された新たなビジネスモデル。

JobTribesは、さらに新しいスキームを生み出す可能性があると2人は語る。

■同世代の2人から「おじさん」たちへのエール

樹林:1962年生まれ、吉田:1963年生まれ

かつて「新人類」と呼ばれバブル期を生きた世代。これからの時代をどう生きるべきか。

最後に吉田CEOは以下のように締めくくった。

「これからシンガポールで世界中の人たちがびっくりするような新しいゲームをつくって、
全世界の方に遊んでいただきたい。楽しみにしていてください」

■ブロックチェーン活用ゲーム「Job Tribes」

Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.が構築する「DEAPプラットフォーム」の第一弾ゲームとして、知力が試され、コレクターの興味を駆り立てるカードバトルゲームを展開します。

ブロックチェーン部分の技術開発は、日本を代表する開発会社 株式会社テコテックが担当、制作陣として、ストーリー構成にヒットメーカー樹林伸氏が、キャラクターデザインに美樹本晴彦氏が参加します。

体験版のリリースは2019年10月を予定。本格リリースは2020年2月を目指しています。

■総発行部数36万部以上の「日本の給料&職業図鑑」が初のゲーム化

制作陣に「金田一少年の事件簿」など数々のヒット作を世に出した樹林伸氏が参画。

本作品は、Webニュースなどで話題となった給料と職業のまとめサイト「給料BANK」の書籍版である「日本の給料 職業図鑑」をゲーム化したものです。弁護士や医師などといった定番の職業から、ユーチューバーやコスプレイヤーなどといった新しい職種まで幅広く取り上げている点が特徴です。

今回は、制作陣に「金田一少年の事件簿」や「神の雫」など大型ヒット作を生み出した樹林伸氏がストーリー構成を担当。キャラクターデザインにも美樹本晴彦氏など著名なクリエイターが参画しており、非常に見ごたえのある内容となっています。

■ストーリー

場所は、職業によって「Business job」や「Freelance job」「public job」など5つのジョブトライブに分かれ、覇権を競い合うファンタジー世界。主人公は「職を持たない」という特別な存在として、数多くの職業と出会い、仲間を見つけ、戦い、成長をしていきます。

■遊び方


JobTribesはブロックチェーン「連動」ゲームです。

ゲーム「JobTribes」は誰でも無料で、ファンタジー世界に飛び込みストーリーやカードバトルを楽しむことができます。ゲーム中で出会う「職業カード」は世界のトップクリエイターたちが描き下ろしたもの。

そのデザインが気に入ったら、JobTribesと1つの経済圏「DEAP」を構成するArtAuctionを訪れてください。ArtAuctionでは、デジタル・アセット(アート)の真の所有権を手に入れることができます。

ブロックチェーンにより管理されたデジタル・アセット(アート)は個人の資産として保護され、所有者は下記のような様々なメリットを享受します。

・ゲームJobTribes内で、特別なエフェクトやサイドストーリーの享受

・ゲーム外での、オーナーコミュニティへの参加 など

■「Job Tribes」制作の背景

「職業」はどの国、地域においても普遍的に通用するコンセプトです。日本だけでも2000種類といわれる「職業」を、「日本の給料&職業図鑑」ではすでに800種類もキャラクター化し、書籍にまとめています。

「Job Tribes」はそのチャレンジをグローバルで展開し、世界中で親しまれ、進化・発展するコンテンツを目指しています。ゲームを通じて、世界中の人たちの職業における理解を深め、互いの「Job」に対してリスペクトを生む社会貢献の意義も本作の狙いの1つです。

■基本情報
ゲームタイトル:Job Tribes(ジョブ トライブス)
リリース日:2020年2月予定/体験版2019年10月予定
ジャンル:カードバトル (無料WEBゲーム)
公式サイト:https://dea.sg/
公式Twitter:https://twitter.com/jobtribes

■制作陣等プロフィール

ゲームの世界観をドラマチックに構成!

樹林 伸氏(漫画原作者、小説家、脚本家)プロフィール
単独での活動の他、実姉でノンフィクション作家でもある樹林ゆう子と2人でユニットを組み、亜樹 直(あぎ ただし)をはじめ数々のペンネームで活動している。代表作に『金田一少年の事件簿』、『探偵学園Q』(ともに天樹征丸名義)、『サイコメトラーEIJI』、『クニミツの政』、『シバトラ』(ともに安童夕馬名義)、『GetBackers-奪還屋-』(青樹佑夜名義)、『BLOODY MONDAY』(龍門諒名義)、『神の雫』(亜樹直名義)などがある。

■Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.について

社名:Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.
所在地:7 Straits View, Marina One East Tower, #05-01, Singapore
設立:2018年8月28日
事業内容:ゲーム制作
URL:https://dea.sg/

企業プレスリリース詳細へ