取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン

一般財団法人オープンバッジ・ネットワーク 発足

教育・研修・学習分野におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させる、世界標準規格「オープンバッジ※1」の普及をめざし、本日(2019年11月1日)一般財団法人オープンバッジ・ネットワーク(会長兼理事長:岸田徹、本社:東京都新宿区)を設立しました。
当財団は、日本ならびにアジア地域で、オープンバッジを発行する大学、教育研修企業・団体、資格認定団体、企業内人財育成部門、公的機関などのネットワークを構築します。オープンバッジは世界標準であるため、世界中で多数発行されているバッジとその情報を誰でも共有することができます。
すでに欧米では、オープンバッジが大規模に利用され、学習者の学習意欲を高めるだけでなく、企業内での人材育成・活用の統合や、学習者と求人企業などをむすぶ重要な社会システムになりはじめています。
より学ぶ意欲を高めた学習者と、スケーラブルでエコシステムな社会とをオープンバッジを通して結び、教育・研修・学習分野における真のDXを実現するため、財団としてその役割を果たして参ります。

設立に至った背景とその意義

人材育成は、Society5.0時代に入りその技術の進化とともに、ナレッジやスキルをも情報として共有し、新たな価値を生み出す時代へと突入しました。既に欧米では、世界標準規格化されたオープンバッジは、ナレッジやスキルの習得を証明するデジタル認証(Digital Credentials)として、様々な資格や試験、学位などで利用されており、教育研修分野に新たな価値をもたらしています。一方、日本ならびにアジアではオープンバッジはいまだ黎明期にあります。当財団は、オープンバッジの急速な普及と人材育成のための活用方法の確立、品質管理等の共通基盤を整えることで、学習者一人一人が社会で活躍し、新たな価値創造をもたらす社会を生み出す基盤づくりを行います。

当財団の活動内容

当財団では、オープンバッジやデジタル認証に関する以下の活動を行います。

•世界における技術動向、活用状況、事例などの調査研究および情報提供
•日本および世界における普及啓発活動
•日本ならびにアジア地域の大学、教育研修企業・団体、資格認定団体、企業内人財育成部門、公的機関などのバッジ発行者、バッジを取得した学習者、バッジ情報を利用し人材育成や活用ならびにマッチングを行う企業などとの交流
•学校や企業などが実際にバッジを発行し活用するためのコンサルティングサービス
•バッジ発行団体の適格性認定

オープンバッジの特長

1.IMS Globalによる世界標準規格
オープンバッジは、各団体からオリジナルの形式で発行されたデジタルバッジとは異なり、世界標準規格化されているため、世界中のバッジ発行団体、バッジ保有者、バッジ情報利用者、その他どなたとでも情報を共有し、連携することができます。
-どの団体で発行されたオープンバッジでも、学習者は、まとめて管理ができる
-世界中でオープンバッジの情報を共有することができる

2.ブロックチェーンで改ざん・偽造を防ぐ
ブロックチェーンを活用したオープンバッジは、改ざんや偽造されることがないため、資格・試験・学位といった学習者のスキルと価値を証明する上で高い信頼性を実現できます。

3.学習者の意欲を高め、資格や認定の取得を促進
取得したオープンバッジは、学習者がSNSやメール等で簡単に共有できます。オープンバッジによって学習者が学習プログラム修了と資格取得への意欲を高めた実例が、海外の事例では見られています。

急速に普及しているオープンバッジ

欧米では主要なグローバルIT企業や大学、また宇宙開発機関や博物館など、既に数万の企業/学校/団体がオープンバッジを発行しています。オープンバッジは、SNSやメール等でバッジ取得者が共有できるだけでなく、取得した資格や学習内容をプラットフォーム上で共有することで、採用者が資格取得者を見つけ出すなど、雇用流通市場にも大きな影響をもたらしています。

【オープンバッジ導入へのステップ】勉強会 開催のお知らせ

 当財団設立後、初めての勉強会として「オープンバッジ導入へのステップ」と題した勉強会を下記の通り開催することとなりました。これまで紙やPDFにて認定証や資格を発行していた団体の方、オープンバッジの活用方法をを知りたい方など、ご参加ください。

 日程:2019年12月17日(火)14:30~16:30 (受付開始14:00~)
 場所:東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル6階
 対象:資格認定・教育研修団体でオープンバッジに関心のある方
 費用:無料

 お申し込みは下記URLよりお申し込みください。
https://obn.nl-hd.com/event

※1 オープンバッジは、IMS Global Learning Consortiumが設定した国際技術標準です。
   IMS Globalについて(英語):https://www.imsglobal.org/

一般財団法人オープンバッジ・ネットワークについて

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。