Bluehelixは業界をリードするDeFiサービス及びブロックチェーンテック企業として、世界レベルの専門的な金融取引クラウドシステムサービスと資産管理サービスを提供しています。

BlueHelixグループは3つの事業を展開しており、それらはBluehelix クラウド、Bluehelix パブリックチェーン、HBTC 取引所と呼ばれています。Bluehelixの分散型カストディサービス及び分散型クリアリングシステムは自社開発のブロックチェーンを基盤としています。当社は260を超える提携事業者(Bluehelixクラウドパートナー)にサービスを提供しています。1000万人のエンドユーザーを持っていて、また、60億ドル以上の資産を預かって保管しています。

Bluehelixについて

BlueHelixは、Huobi Globalの元CTOのJames Ju氏によって2018年4月に創業されました。 シンガポールを拠点にするトレードインフラを提供する企業です。機関投資家向けのOpen SaaS Platforms (Bluehelix Cloud)、サードパーティパブリックチェーン上の分散型カストディ(HBTC Chain)及びリテールユーザーを対象にしたHBTC取引所を運営しています。 HuobiやOKEX、NodeCapitalなど中国の大手取引所やクリプトファンドから$15Mの資金調達を獲得していました。同年の7月にはまたトークン私募で40もの機関からサポートを受け、共募は20000のイーサリアムにのぼりました。

HBTCのチームには、技術面はもちろん、ウォレット、サプライチェーン、デリバティブなどの金融分野に精通した世界トップレベルの人材が名を連ねます。その中には、清華大学、北京大学、スタンフォード大学、コロンビア大学および他の有名校出身の学生、またバイドゥ、アリババ、テセント、グーグルなど一流企業での豊富な業務経験をもつ人材も豊富です。

事業者向けBlueHelix Cloudサービス「ブルー・ヘリクス・オープン・プラットホーム」(BHop)

ブルー・ヘリクス・オープン・プラットホーム(BHop)という事業者向けサービスを展開しています。BHopは、取引所を簡単に作成できるクラウド型ソフトウェアサービスです。同サービスを使えば、開発工数を用いず、取引所サービスを構築することができるといいます。BHopでは、PCターミナル・Web・モバイルのインターフェースをサポートします。こういったサービスを創業から1年目でローンチできる点は、中国系大手取引所が支援をしている企業ならではという見方ができます。

技術面では、取引処理時の遅延をなくすべく最高クラスのパフォーマンスを達成しました。各注文の平均処理時間は80~90マイクロ秒で、1秒1万分の1未満でした。これまで完了したアップグレードはほぼノンストップで計4054回にものぼり、システム構築は104502回を超えています。

この2年で多大なる実績を積み上げたといえます。Bluehelix Cloudはすでに12の国と地域をカバーし、260を越える顧客にサービスを提供しています。1000万を超えるユーザー数と、計60億USDTにのぼる暗号資産を支える堅牢なプラットフォームへと成長しています。

HBTC Chainが分散型カストディで大躍進、機関投資家らが自らの資産透明性を証明でき

ブロックチェーン技術の未来を信じて、2018年4月の参入以来、サードパーティのパブリックチェーンのクロスチェーンカストディ(資産管理)ソリューションの構築を目指しているHBTC Chainの開発を安定して進んでいました。

HBTC Chainは分散型、高性能、取引における需要と供給のバランス強化、アトミックスワップの信頼性向上、低コスト、アプリケーションが使いやすいなどの特性を持つ中立的な観点のサードパーティのパブリックチェーンxクロスチェーンアセットプラットフォームへのアクセスを目指しています。

HBTC Chainのオープンベータテストはまもなく完了となり、今後パブリックチェーンのメインネットがローンチされたあと、ここからすべてのパブリックチェーンをエンパワーメントすることが可能になります。管理対象のパブリックチェーンは仮想通貨ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETC)などの主要資産と、クロスチェーン形式の相互運用性を持つことになり、分散型の貸付、DEXといったアプリケーションのエコシステム改善を図ることができます。

HBTC Chainを利用することで、異なるDeFiアプリケーションの開発が可能になります。例えば、プライベートキーの外部改ざんを防止する分散型フラッシュ交換は注目すべき機能です。KYCなしで情報漏洩を完全に防止し、さらに取引の無効化やキャンセルなどの機能を設定することで資産の安全性を保証します。HBTCがリリースしたクロスチェーンcBTCは、異なるパブリックチェーンを繋ぎ、完全分散型でKYC不要、すべてのプラットフォームで取引できるシステムを実現するものだ。同時に1:1のアセットマッピングが行われるため、資産の高い透明性と安全性を確保でき、償還のリスクもない。

HBTC Chainを使用することで、サードパーティのカストディアンと機関投資家らが自らの透明性を証明でき、市場がより良い方向に発展できるという点では非常に有意義なシステムだといえます。

「ブロックチェーン業界を除けば、Bluehelixはテクノロジーに特化した企業です。チームはどちらかというとブロックチェーンに重きを置き、ブロックチェーン技術でイノベーションを成功させることに狙いを定めて業界のさらなる発展を目指していく」とBluehelixの創業者である巨建華(James JU)氏が述べました。

ブロックチェーンの時代において、BlueHelix(HBTC)は、より高品質の製品、より安全な技術、より良質なサービスを全てのお客様にお届けし続けたいと考えています。

Bluehelix Cloud: https://www.bhop.cloud/en-us/
HBTC Chain: https://chain.hbtc.com/en-us/
Mail:[email protected] 

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!