ERC-1155トークン規格を開発し、誰もが簡単にブロックチェーンを活用できるエコシステムを展開するEnjinは、Polkadotを用いた次世代型NFTブロックチェーン「Efinity」を開発します。

2021年4月1日発表(シンガポール)- この度、ERC-1155トークン規格を開発したEnjin Pte. Ltd.(本社: シンガポール、CEO: Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、Polkadotを用いた次世代型NFTブロックチェーン「Efinity」の開発を目的としたプライベートセールを行い、1890万ドルの資金調達を実施したことをお知らせいたします。

本資金調達はCrypto.com Capital、DFG Group及びHashedがリードし、Hypersphere、BlockTower、Blockchain.com Ventures、Fenbushi、Iconium、HashKey、Arrington XRP Capital、DeFi Alliance、そして、その他の主要企業や、著名人、個人投資家が参画しました。

「NFTは全ての人にオープンであるべきです。Polkadotを用いることで、我々は簡単にスケーラブルなソリューションを構築し、新たなNFTの経済圏へ、誰でも参加できるようにします。 常にエンドユーザーを念頭に置き、Efinityは全ての人に、楽しくシンプルで利用しやすい体験を提供します。」
— Caleb Applegate / Enjin COO

Efinityは、6秒ごとにトランザクションを処理するように設定されており、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を使用して1,000TPS(Transaction Per Second)にスケーリングします。

Enjinはまた、「Paratoken」と呼ばれる新しいクロスチェーントークン規格を開発しています。これにより、任意のブロックチェーンからのファンジブルまたはノンファンジブルなトークンをEfinityネットワークに移動し、Polkadotのエコシステム全体で使用できるようになります。

Paratokenは、Enjinが2017年に開発し、MicrosoftやNike、OpenSeaなどの企業に採用されてきたERC-1155トークン規格を、さらに進歩させたものです。

「デジタルアセットは、ブロックチェーンのメタバース上に存在すべきです。 複数のブロックチェーン間で流動性を持たせることで、より多くのクリエイターと購入者、販売者を繋ぎ、エコシステムを拡大します。」
ー Witek Radomski / Enjin CTO

また本エコシステムでは、Efinity Token (EFI)が使用されます。弊社は、本トークンがどのように手数料の削減やアセットの流動性に貢献し、またEnjin Coin (ENJ)のステーキングを通して収益の確保が出来るか記した、ホワイトペーパー(https://efinity.io)を公開しました。コミュニティガバナンスにより、EFI保有者は、将来的なネットワークのあり方に関して提案し、それらに投票できます。

EfinityにENJをステーキングし、ENJでトークンを作成することに対するリワードとして、Enjinは、全供給量の15%に相当するEFIを確保しています。 ENJをステーキングするユーザーは、ネットワーク料金、マーケット手数料、クロスチェーンブリッジ料金、およびスマートコントラクト料金から収集されたEFIも、獲得できます。

Enjinは、Snowforkが提供するオープンソースブリッジの開発を進め、NFTがPolkadotとEthereum、およびその他のブロックチェーン間を移動できるようにします。

EfinityのマーケットプレイスとなるNFT.io(https://nft.io)で、入札者にEFIを提供することで、アセットの流動性を向上させ、コレクターが所有しているNFTへの評価を可視化します。

「私たちは2017年に、初のNFTプラットフォームを、先進的なERC-1155トークン規格とともに開発しました。Efinityは、NFT業界に専用のブロックチェーンをもたらし、世界中に広がりつつある高度なデジタルアセット経済、つまり自由でオープンな分散型経済を実現します。」
ー Maxim Blagov / Enjin CEO

*EFIトークンは、日本の規制当局から認可を受けておりません。日本国内におけるEfinityの利用可能性に関しては、Enjinの後続の情報をお待ち下さい。

以上

Enjinについて
Enjinは、誰もが簡単にブロックチェーンを活用できるエコシステムの開発を進めています。Enjin Platformは、次世代のデジタル経済を支えるユニークなデジタルアセットの発行や、マーケットプレイスの構築を支援します。Enjinのエコシステムは、先進的な開発者や企業によって開発された、数多くのブロックチェーンゲームやプロジェクトを支えています。詳細は、https://enjin.ioをご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!