11/29(木)に、中国大口投資家が一堂に会するブロックチェーン技術サミットが東京・秋葉原で開催されます。

日本ブロックチェーン技術サミットは80を超える、投資家・投資ファンドが集う、アジア最大規模の投資家ミートアップサミットとなります。 今回そのメインスポンサーに「KINGS×ラカラ」が選ばれ、メインブースを出展いたします。
錚々たる来日メンバーがHPに掲載されておりますので是非ご覧くださいませ。
https://summit.digitaljournal.jp/introduce-jp


11/29(木)に、中国大口投資家が一堂に会するブロックチェーン技術サミットが東京・秋葉原で開催されます。

https://summit.digitaljournal.jp/introduce-jp
●日本ブロックチェーン技術サミット

80を超える、投資家・投資ファンドが集う、
アジア最大規模の投資家ミートアップサミットとなります。
錚々たる来日メンバーがHPに掲載されておりますので是非ご覧くださいませ。

今回そのメインスポンサーに「KINGS×ラカラ」が選ばれ、メインブースを出展いたします。
これは、次世代のブロックチェーン経済および、投資分野においても、
決済端末連携をはじめとする次世代決済インフラが欠かせないことを意味しております。

今回、投資家・投資ファンド向けに「KINGS-PAY」を訴求しますが、
KINGSトークンはもちろん、政府企業等が発行するステーブル(ペッグ)トークンと
決済端末を結ぶハブとなるのが「KINGS-PAY」です。

<KINGS-PAYの狙い>
ここ数年話題になったブロックチェーン通貨はいわゆる変動性の高い(ボラティリティの高い)
トークンが注目を集めてきましたが、今後大きなシェアを占めていくブロックチェーン通貨は、
法定通貨と固定(ペッグ)された電子マネーに近い通貨といわれています。
その通貨を、政府や、海外送金用に金融機関が発行するような時代になってきました。
いわゆるブロックチェーン決済の時代が幕を開けようとしています。

ただ、それらは対応する決済端末や、デバイスに対応するアプリケーションがなく
現実社会の決済インフラと言えるものになっていない状況でした。

それらの問題を解決するべく、ブロックチェーン決済に対応した決済端末が、ラカラ社とKINGSが共同開発する「KINGS-PAY」搭載決済端末となります。

ラカラーKINGSでは、2020年の東京オリンピック・ドバイ万博にも焦点をあて、国際的なマーケティングを行ってゆく計画です。

次世代ブロックチェーンゲートウェイとして、日本を皮切りに世界展開をスタートしたKINGSに是非ご期待下さい。

<ラカラ社とは>
ラカラ社(拉卡拉支付股份有限公司)は世界最大級のスマート決済・ POS 端末メーカーで、年間取引額は 65 兆円( 2017 年取扱額)におよび、利用設置個所 2,400 万か所、月間取引量は 3.3 億回以上を誇ります。

また、決済端末として、中国では圧倒的なシェアをしめており Alipay 、 WeChat Payを始めとしてクレジットカート、 IC カード決済など、すべての決済ツールが当該端末で使用可能となる予定です。

なお、 2018 年 6 月に初の日本企業との提携として USEN をはじめ、大手企業 10 社程との一次代理店契約締結をし、日本市場へ進出を発表したところです。

▼KINGS PAY公式サイト
https://kings-pay.com/

▼KINGS公式サイト
https://www.sky-king.world/

▼ラカラジャパン公式サイト
https://www.lakala-japan.com/

▼お問い合わせ窓口(英語、中国語、日本語、韓国語で記入可)
https://www.sky-king.world/contact.php

企業プレスリリース詳細へ