KTP(Key Transfer Protocol)

2019年からADIN INC(San Francisco)は、セキュリティ対策としてKTP(Key Transfer Protocol)を発表しました。TSKMSA(TS Kye Management System Architecture)を達成するためにTSKMSAの構成上最も重要なKTPです。

TSKMSAは、NIST SP800-207 Draft 2nd で述べられてい通信の最小単位における信頼と許可を提供します。

図1
図1のID Managementは、Resource保有者のID管理システムです。ID Management の要素とPEが一度だけ同期し利用者と提供者に一意の固有識別IDを渡します。IDM、PEは、AD(Autonomous Decentralized)自律分散的に動作します。
エンティティ エージェントは、軽く(数十KB)、鍵を持たず、証明書も持ちません。PEは結託問題も解決しています。

Ethical Hackingをクリアし、Penetrationテストも行いました。

日本国内においても導入テストが始まり、規模によって共同テストを受け入れています。

TSKMSAは、既存セキュリティ対策製品を置き換える物ではありません。ZTAにも記されているようにHybridで動作します。既設対策および既存製品に適用しセキュリティゾーンとレベルを向上させることが出来ます。

TSKMSAは、従量制課金ですので、KTP提供のみであれば従量制課金費のみで導入できます。

適用としては、AWS、Azure、GCP、各種ネットワークシステム、社内システム、ワンタイムパスワード対策、フィッシング対策、広告サイト海賊版対策、IoTデバイス認証、ブロックチェーン、各種プロビジョニング、ZTA(Zero Trust Architecture)の各部、フェイクニュース(Deep Fake)対策、SD-WAN、SDP、SDN、Open Flow、5G、L5G、6G、Y-00、などは検討済みです。

TSKMSAの名前は、東京工業大学 名誉教授 辻井重男先生のTと弊社 会長 佐々木浩二のSが由来です。
自律分散については、元日立製作所 井原廣一先生のご指導の下概念を取り込みました。

導入テスト希望問い合わせは、
ADIN INC 東京都千代田区紀尾井町3−6
紀尾井町パークビル8F TEL 03-3511-2218 [email protected]
TEL:03-3288-7311 佐々木、鈴木

開発元
株式会社アドイン研究所 東京都千代田区紀尾井町3−6紀尾井町パークビル8F 
代表取締役 佐々木浩二
特許所有
ADIN INC 111 PainSt., Suite 1410 San Francisco. CA 94111
CEO Taketo Sasaki

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!