HBTCは、Huobi、OKEx他56社のトップ金融機関が共同で投資したプラットフォームです。

HBTCチェーンのテストネットは、分散型スワップおよびクロスチェーンcBTCを開始しました。コード監査は進行中であり、まもなくノート選挙が開始されます。

HBTC Chain Website: https://chain.hbtc.com/en-us/
HBTC Chain Explorer: https://explorer.hbtc.com/index

イントロダクション
HBTCチェーンは、HBTC Exchangeによって生み出されたサードパーティでパブリックチェーンのクロスチェーンアセットカストディアンプランです。

クロスチェーンテクノロジーを実現するため、HBTCチェーンは新しい暗号化アプリケーションテクノロジーを通じてパブリックチェーンとなりました。また、クロスチェーンカストディアンとクリアランスを通じて、暗号資産の発行、分散取引、およびDeFiエコロジーにより適切に対応できるようになりました。

MPCによる分散型秘密鍵生成・署名技術を実現し、ブロックチェーン技術と組み合わせて主流のパブリックチェーンに対応したクロスチェーン資産の運用を実現するという技術レベルでのクロスチェーン取引システムのグローバル特許を取得し、クロスチェーン資産開発時の現実の産業界のセキュリティ問題やアプリケーション開発の課題を解決しています。

HBTCチェーンのテストネットは、分散型スワップおよびクロスチェーンアセットマッピング機能を備えてリリースされました。これら2つのキラーアプリケーションは、業界に大きな価値をもたらし、より多くのアプリケーションシナリオの作成に役立ちます。 HBTCチェーンのメインネットは、セキュリティ監査とノード選出の完了後に立ち上げられます。

HBTCチェーンを構築する主な目的とは?使用されている主要なテクノロジーは何ですか?機能と利点は何ですか?

まず、多くの取引所が作成しているパブリックチェーンには、主にEthereumでトークン発行ビジネスを掴みたいという理由から、イノベーションが不足しています。中にはまだ中央集権的な取引所レベルのものもあり、パブリックチェーンの位置づけ自体が満たされていません。

HBTCのパブリックチェーンは、トークン発行モデルを内蔵した多くのブロックチェーンとは全く異なります。

主に暗号技術を応用した新しいクロスチェーン技術を用いて構築されたパブリックチェーンであり、分散型秘密鍵生成・署名技術により、ほとんどのパブリックチェーンと互換性のあるクロスチェーン資産運用を実現しています。

分散型変換とクロスチェーン資産マッピングは、その2つの大きな特徴です。今回のテストネットの立ち上げにより、ホストされている全てのパブリックチェーンは、BTCやETHなどの主流資産のクロスチェーン相互運用性を持つことになり、分散型住宅ローンやDEXなどのアプリケーションのエコロジーやユーザーエクスペリエンスの向上に貢献することになります。

また、HBTCチェーンは、技術面で”Efficient Distributed Threshold Signature method and system”、”Decentralized asset custody and clearing system”の国際特許認証を取得しています。特許技術を活用した分散型の実践により、暗号化された資産のクロスチェーン保管・取引を実現しています。

したがって、HBTCパブリックチェーンが将来のブロックチェーンのパブリックチェーンを接続する”インターネット”インフラストラクチャになる可能性は非常に高くなります。各パブリックチェーンがローカルエリアネットワークであるとすると、HBTCはこれらのローカルエリアネットワークのパブリックチェーンを接続するワイドエリアネットワークとなり、ブロックチェーン業界のインフラストラクチャとなるのです。

現在のパブリックチェーン市場で起こった変化を教えてください。パブリックチェーンプロジェクトの位置付けと開発にどのような影響がありますか?

2017年以降、パブリックチェーンプロジェクトは3つの段階に分かれていると思います。

第1ステージは、2017年から2018年までのコンセンサスコンペティションステージです。このステージでは、さまざまなPoW、PoS、PBFT、および乱数に基づくパブリックチェーンが継続的に開始されました。

第2ステージは、2018年と2019年のパフォーマンス競争のステージです。レイヤー1とレイヤー2のさまざまな容量拡張スキームが、容量を拡張し、既存および新規のパブリックチェーンのパフォーマンスを向上させるために、連続的に提案されています。

第3ステージは2020年からの経済圏競争のステージです。メインネットワークが立ち上がった後、誰が使い、誰が開発するかといった経済圏の問題は、ホットスポットが半減することにも関係します。

一部のプロジェクトでは、良いパフォーマンスのために最初のエシュロンにインパクトを与えることができますが、他のプロジェクトではオンラインの後に悲劇が待っている可能性があります。

現在、Ethereum、EOS、TRONなどの従来のパブリックチェーンの1日あたりのトランザクション数は100万件を超えており、依然として多くのユーザーを抱えるパブリックチェーン市場の首位に立っていると言えます。新しいパブリックチェーンは、確立されたパブリックチェーンのステータスをどのように覆すことができると思いますか?競争力を高め、アクティブユーザーをできるだけ早く獲得するにはどうすればよいですか?

前述のように、現在はパブリックチェーンの経済圏競争の第3ステージです。 2019年より前に発売されたパブリックチェーンは非常に少ないため、多くの開発者とユーザーが従来のパブリックチェーンに集中しており、多くの興味深いアプリケーション、特にDeFiとブロックチェーンゲームが誕生しました。

したがって、これらの新興パブリックチェーンは後発であることの大きな不利益に直面しています。確立されたパブリックチェーンのステータスを覆すには、次の2つの競争力が必要tとなります。

技術競争力

パブリックチェーンの3つの競争段階について前述したように、段階ごとに重視されるテクノロジーが異なっています。新しく生まれたパブリックチェーンのパフォーマンスと容量は従来のものに比べて大幅に改善されていますが、経済圏とアプリケーションの需要は、従来の確立されているパブリックチェーンのレベルに達していないため、パフォーマンスと容量の利点を十分に反映できません。 経済圏の競争、およびより良いアプリケーションを提供し、より良い経済圏を構築するサービスを開発するために、パブリックチェーン技術は重要でなければなりません。クロスチェーン技術は現在のホットスポットですが、従来のパブリックチェーンは問題をうまく解決していません。クロスチェーンテクノロジーには、コンセンサス、暗号化、および経済モデリングにおける複雑なテクノロジーが含まれており、現在のところ市場で利用できる優れたソリューションはありません。

アプリケーションの競争力

経済圏競争の段階で、従来のパブリックチェーンを覆す真の切り札は、アプリケーションのランディングを実現することです。実は従来のパブリックチェーンのアプリケーションエコロジーは非常に初歩的であり、大きな無駄があります。この逆転の鍵を握っているのが私たちにとってのアセットクロスチェーンなのです。例えば、Ethereumで現在人気のあるDeFiアプリケーションは、BTCという最も価値があり、最も使用される資産の存在を欠いているため、少数のEthereum開発者のみしか使用していません。パブリックチェーンがチェーン全体にBTC資産を導入し、完全な分散化と資産のセキュリティを実現できる場合、多数のユーザーに参加してもらうことができるでしょう。

ブロックチェーン技術の大規模な実装は、現在でも大きな問題です。パブリックチェーンプロジェクトとして、ブロックチェーンテクノロジーをどのように大規模に実装していきますか?プロジェクトのランディングに向けてどのような準備をしましたか?

HBTCチェーンのテクノロジーとアプリケーションの準備及び目的について。
テクノロジー面では、HBTCチェーンは2018年以降、クロスチェーンアセットテクノロジーに多額の投資を行ってきました。深い研究と技術的なブレークスルーが行われ、数多くのグローバルな特許の取得をしています。私たちが提案し、実装した分散型クロスチェーン資産管理および清算テクノロジーは、最も安全で最も実用的なクロスチェーンテクノロジーの1つです。

エコロジーアプリでは、HBTCチェーンはBTCに代表される高品質な主流資産のクロスチェーンを解決するために独自に開発した分散型資産クロスチェーン技術に依存しています。今回発表したキラーアプリは、”分散型変換”と”クロスチェーン資産マッピング”の2つです。前者は、分散化された世界の異なるパブリックチェーンのOTC取引、特にBTCやUSDTなどの安定性の高い暗号資産のOTC取引の分散化を解決することで、大規模なOTC取引を信頼して完結させることができ、取引摩擦を大幅に軽減します。

後者は、BTCとEthereumのERC20トークンへの分散マッピングのように、異なるパブリックチェーンの資産を相互にマッピングする新たなブリッジを開発し、DeFiアプリケーションのユーザーベースと資産の豊かさを深くします。将来的には、リッチなクロスチェーンの資産管理やクリアリングアプリケーション、スマートコントラクトのサポート、真のクロスチェーン分散型取引所が実現するでしょう。したがって、HBTCチェーンは、エコロジーと技術競争を通じて、大型パブリックチェーンに踏み込む自信を持っています。

パブリックチェーンとして、完全な経済圏構築は不可欠です。パブリックチェーンの潜在的な経済圏とはどのようなものなのでしょうか?現状のHBTCチェーンの計画・構築とは?

潜在的なパブリックチェーンの生態系には、資産、ユーザー、開発者が含まれており、そのすべてが不可欠です。チェーン上資産の安定した価値、良好なコンセンサス、十分なデプスは優れた経済圏の前提条件であり、利用者のニーズを満たし、より多くの利用者の参加を集めることは優れた経済圏の礎石となり、積極的な開発者と新しいアプリケーションの絶え間ない革新は経済圏の持続可能な発展を確実にします。

HBTCチェーンは経済圏の構築に従事しており、技術的なブレークスルーとユーザーの需要の探求を経験し、テストネットを立ち上げ後は経済圏の開発計画を確立しました。独自のクロスチェーン資産保管・清算技術と、HBTCが提供する2つのキラーアプリケーションは、経済圏分野をリードしてきました。

資産分野では、ノード構築と取引所エコロジーを通じて、BTC、ETH、USDTなど、より主流のクロスチェーン資産を導入しています。ユーザードメインでは、クロスチェーン変換とクロスチェーンマッピングは、ほとんどの既存のDeFiアプリケーションだけでなく、トランザクション、ユーザーチェーン上の必要性を可能にしています。

分散型クロスチェーンホスティングの原理とは?どのような資産をサポートし、どのように保護しますか?

前述のように我々は分散型秘密鍵管理および署名技術を使用しています。HBTCチェーン上の検証ノードは、独自の秘密鍵Segmentを生成して管理します。検証ノードのコンセンサスが成功した場合にのみ、マルチパーティのしきい値署名を行い、クロスチェーン資産を管理する。このようなホスティング方式は完全に分散化されている。資産の入出金や取引は、ほとんどの検証ノードのコンセンサスのもとで完了し、利用者の資産は少数人の検証ノードでは動かせません。

当社の技術は国際特許を取得しています。パブリックチェーンが楕円署名方式を採用している限り、クロスチェーンでの資産保管が可能です。パブリックチェーン自体の変更はもちろん、パブリックチェーンがサポートするインテリジェントコントラクトにも手を加える必要がない、軽量で非侵襲的なクロスチェーンカストディです。メインネットワークがリリースされた際には、BTC、ETH、そしてUSDT、DAIを含むERC20トークン、各種DeFiトークンをサポートする予定です。今後はメインのパブリックチェーンで発行されているあらゆる種類の資産をサポートする予定です。

これでHBTCのテクノロジーが完成したと想定していますが、Ethereumに成熟した分散型ファイナンス(DeFi)サポートシステムのような、HBTCのメインチェーンをサポートする対応する金融サービスシステムはありますか?

メインチェーン立ち上げの際にお話したように、2つの大きなキラーアプリケーションがあります。1つは信頼性のないOTCを実現できる分散型クロスチェーン変換で、誰もが分散型変換サービスを構築し、仲介者として取引手数料を獲得できるように、製品やオープンソースコードまで提供しています。
もう一つは、cBTC-ERC20クロスチェーンBTCのリリースなど、クロスチェーンアセットマッピングです。市場のwBTC、imBTCなどと比較して、cBTCは完全に分散化されたクロスチェーンBTCであり、ETH DeFiの応用が可能であり、信頼性がなくてもデプスが増し、KYCの制限もありません。

次はスマートコントラクトの開発を計画しています。スマートコントラクトがオンラインになれば、安定通貨、融資、合成資産、レバレッジ、デリバティブ取引など、クロスチェーン金融サービスの完全なシステムが構築されます。これらは全て当社のクロスチェーン管理資産上に構築され、既存のパブリックリンク型DeFiアプリケーションの総合的な凌駕を実現するために、様々な主流の優良資産を提供していきます。

HBTCブランドといえば、収束型のSaaS取引所です。理論的には、中央集権型取引所と分散型取引所の間にある消耗性の高い設計となっています。今回のHBTCでは、分散型クロスチェーンカストディを導入していますが、このデザインは既存の分散型取引所とどう違うのでしょうか?

カストディと取引マッチングは2つの異なる概念です。HBTC取引所のような中央集権型の取引所でも、資産保管と取引マッチングの2つのレベルがあります。入出金では利用者の資産保管を扱い、指値注文では取引マッチングを扱います。分散型シナリオでは、HBTCチェーンのメインネットワーク上で実現された分散型クロスチェーンホスティングが、分散型クロスチェーン取引所を作成するための基盤となります。分散型クロスチェーン取引所は、HBTCチェーンのロードマップの一部でもあります。クロスチェーン資産の分散型カストディが存在しない場合、分散型取引所は独自ブロックチェーン上で資産を取引することしかできません。HBTCチェーンを通じて導入されたクロスチェーン資産の真の意味での分散型カストディだけが、トラストレスで分散型の安全な取引所を作ることができます。

Bluehelix & HBTCについて

Bluehelixはブロックチェーン金融インフラストラクチャプロバイダであり、そのBluehelix Cloudは、スポット、先物、オプション、OTCトレーディングシステム、およびフルスタックソリューションと産業用SaaS CSMサービス標準を備えた流動性サービスの技術ソリューションを提供しています。

Bluehelix Cloud SaaSおよびWhitelabelソリューションは、260を超える世界中のクライアントに暗号資産取引サービスを提供しており、1200万人を超えるエンドユーザーをカバーし、その資産カストディ評価額は60億USDを超えています。

業務提携:[email protected] 

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!