「1BTC」を貸し出した場合、毎月お客様の銀行口座へ直接「15,000円」が振り込まれます(BTC価格 600万円の場合)

日本最大の仮想通貨(暗号資産、以下「仮想通貨」)レンディングプラットフォームを運営する株式会社Cygnos(本社:東京都港区、代表取締役:三原 弘之、以下「当社」)は、3月16日より、仮想通貨レンディングの毎月の貸借料を日本円で支払う(銀行口座への振り込み)、世界初のサービスを開始することをお知らせいたします。

サービスの仕組み

証券市場における貸株と同様の仕組みです。 当社がお客様から仮想通貨を借り入れ、機関投資家にのみ仮想通貨を貸し出します。当社は、経営陣の仮想通貨取引所、また、伝統金融機関での経験と知見を活かした、与信管理や担保受入等の総合的なリスク対策を実施し、機関投資家を厳選しています。

日本円での貸借料支払い(銀行口座への直接振込)とは

お客様が貸し出した仮想通貨の貸借料として、日本円での貸借料支払い(直接の口座振り込み)が可能になります。

Cygnosへ以下の仮想通貨を当該数量分貸し出した場合、お客様の銀行口座へ直接貸借料が毎月日本円でそれぞれ振り込まれます。(BTC価格600万円、ETH価格20万円とする)

「1 BTC」の場合、現状年率 3%であるため「1万5000円」
「20 BTC」の場合、現状年率 3%であるため「30万円」
「800 ETH」の場合、現状年率3%であるため「40万円」

本機能により、保有中の仮想通貨を売却することなく、日本円で貸借料を得ることが可能になります。

今回日本円での貸借料支払いが可能となるのは「マニュアルレンディング」においてのみであり、Web版は来月中のリリースを想定しています。

※マニュアルレンディングとは、5000万円相当額以上の数量のお客様に対して、Web版のレンディングよりも有利なレートで借入を実施するサービスです。詳細については、以下をご覧ください。
https://help.cygn.com/hc/ja/articles/900005855383

仮想通貨レンディング市場において、日本円等の法定通貨での貸借料支払いは当社調べでは世界初の試みであり、今後も現地国の法令を確認しながら、グローバルへと当該サービスの展開を検討してまいります。

Cygnosの強み

海外機関投資家との連携
Fireblocksとの連携

米金融最大手フィデリティが出資する、仮想通貨の機関投資家向けセキュリティ企業であるFireblocksを採用

仮想通貨保険(Fireblocks Insurance)

Fireblocks社が提供する仮想通貨保険に加入済

仮想通貨の返還時の追加本人確認

一定額以上の返還には、本人確認書類・リアルタイム本人動画の提出を返還毎に必須とし、携帯やSIMカード盗難に伴うハッキングリスクを低減

ホワイトリストの必須化

送付先アドレスのホワイトリスト登録には、二段階認証・メール認証・72時間の承認時間が必須。ホワイトリスト化により、第三者の返還申請を本人が検知・停止可能に。※ホワイトリスト(リストに登録されたもの以外は全て拒否する仕組み)

多要素認証の必須化

登録時に二段階認証(認証アプリ/SMS)を必須化するのはもちろんのこと、メール認証・追加本人確認等の複合的な多要素認証で、不正なアクセス・返還請求を防ぎます。

仮想通貨レンディング「Cygnos(シグノス)」について

眠っている仮想通貨を月次複利で貸し出しませんか? Cygnos(シグノス)は国内最大級の仮想通貨のレンディング(貸出)サービス。BTC, ETH, LTC, BCH, USDC等の人気通貨が即日貸出可能。 コンプライアンス遵守の運営で、厳選された海外機関投資家と連携。 最大年率6%、月次複利、解約手数料なし。

公式サイト:
https://cygn.com/
Cygnos_logo

株式会社Cygnos

仮想通貨の黎明期から業界に携わるベテランが、仮想通貨のさらなる発展と普及を目的に、Cygnosを創業した。アジアで最も信頼される仮想通貨レンディングのプラットフォームとなることを掲げ、創業時点から英語を公用語とし、日本のみならずグローバルに事業を展開している。

代表取締役CEO 三原弘之

早稲田大学を卒業後、楽天株式会社にエンジニアとして入社し、楽天市場の開発業務に従事。2014年、ビットバンク株式会社へ社員第一号として参画し、執行役員COOとして国内最大級の仮想通貨取引所へ成長させる。仮想通貨のさらなる発展と普及を目的として、2020年にCygnos創業。2017年発売「マンガでわかるビットコインと仮想通貨」監修。

取締役CTO ベンジャミン スミス

UKマンチェスター出身。エンジニアとして20年のキャリアを持つ。Citiにて金利トレード、システム開発業務に9年携わる。仮想通貨関連技術やセキュリティにも造詣が深く、業界黎明期の2014年にリリースしたPGPウォレットは、BIP32を用いた当時ユニークなもので海外メディアでもとりあげられた。

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!