この度Blockchain Code Campは、
・ERC20,721トークン(オリジナルトークン)の発行
・ERC20,721(オリジナルトークン)対応のEthereum Wallet開発
・DApps開発
が学べる『Solidityコース』をリリース致しました。

これまでBlockchain Code Campは、全くの開発初心者の方を対象に、HTML、CSS、JavaScriptに加え、Solidityを学んでいただく形のカリキュラムを提供していました。大変有難いことに、リリース直後から多くの方お問い合わせ、受講申し込みをいただいてきました。その過程で、多くの方からの意見をいただきましたが、その中でも特に多かったのが、「Solidity以降のカリキュラムのみを受講したい」との声でした。そういった声にお応えするために今回、Solidityのみを集中的に学ぶことのできる『Solidityコース』をリリースするに至りました。

HTML、CSS、JavaScriptなどアプリケーション開発の基礎についてある程度の理解のある方を対象に、Solidityを集中的に学んでいたくカリキュラムとなっております。具体的には、ERC20,721トークンの発行、発行したトークンの管理が可能なERC20,721対応のEthereum Wallet開発、DApps開発を、現役のブロックチェーンエンジニアのメンタリングサポートを受けながら学ぶことができます。その過程では、Remix、Geth、MetaMask、OpenZeppelin、Truffle、GanacheなどのEthereum開発に必須のツール群の扱い方についても学ぶことができるようになっています。


          
「Blockchain Code Campとは?」
「Anyone can create DApps」をコンセプトに掲げ、ブロックチェーンを用いたアプリケーションを用いたこれまでにないサービスを創り出す人材を輩出することを目的とした、「ブロックチェーン特化のオンライン完結型プログラミングスクール 」です。プログラミング未経験者でも、ブロックチェーンを活用したアプリケーション を開発することができるようになります。現役のブロックチェーンエンジニアのメンタリングサポートを受けることができることも特徴として挙げられます。
https://lp.blockchaincodecamp.jp

法人様の研修としてご活用いただくことも可能です。ニーズに合わせたカスタマイズ等も承っておりますので、以下のフォームまたは弊社コーポレートサイトのお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。
https://blockchaintechnologies.co.jp

「運営会社」
■会社名:株式会社Blockchain Technologies
■所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル7階
■事業内容:
・ブロックチェーンのコンサルティング
・ブロックチェーンの受託開発
・ブロックチェーンメディア
・ブロックチェーン教育事業
■代表者/ 代表取締役 武内 洸太
■取締役/ 取締役&CTO 鈴木 健二

「リリースに関するお問い合わせ」
■株式会社Blockchain Technologies 広報担当 安西 翔平
Mail : [email protected]

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!