ブロックチェーンのコンサルティング事業を手がける株式会社HashPortの子会社でアクセラレーター事業を展開する株式会社HashPort Accelerator(本社:東京都港区北青山、代表取締役社長:吉田世博、以下「HashPort Accelerator」)と、Tezos Japan.(所在地:日本、代表理事 香川 英雄、以下「Tezos」)、Internet of Services Foundation Ltd.(所在地:シンガポール、共同創設者兼最高経営責任者:Jimmy Zhong、以下「IOS Foundation」)、Enjin Pte Ltd.(所在地:シンガポール、共同創設者兼最高経営責任者:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、アクセラレーター第1期として戦略的パートナーシップに関する契約を締結したことをお知らせ致します。

株式会社 HashPort Accelerator 代表取締役社長 吉田世博のコメント
この度は、HashPort Acceleratorの第1期として、Tezos、IOST、Enjinという3つの素晴らしいプロジェクトを迎えることができ、非常に嬉しく、光栄に感じています。Tezosは、 今世界で最も注目されているプロジェクトの一つであり、STOをはじめこれから金融の多くのシーンで使用されていくと考えています。IOSTはまさに次世代のスマートコントラクトプラットフォームです。処理速度が10万TPSと従来の数百倍の速度であるだけでなく、ギャンブルアプリの問題はじめ従来のプラットフォームが抱えていた様々な問題に対してコミュニティが的確な対処を行なっています。そして、世界最大手のブロックチェーンゲームエコシステムであるEnjinは、私が個人的にとても好きなプロジェクトの1つです。ERC1155をベースとした新しいゲームコンテンツ流通システムの日本での成功は、日本のブロックチェーンゲーム業界全体の発展を加速化させるものであると確信しています。これらの素晴らしいプロジェクトが、日本で大きく花開きHashPort Acceleratorが加速できるように、チーム一同全力で取り組んで参ります。

株式会社 HashPort Accelerator 取締役Chief Acceleration Officer 藤本真衣 のコメント
HashPort Acceleratorの第1期に、Tezos、IOST、ENJINが加わった事を大変嬉しく思っております。TezosやIOSTに関しましては、既に日本でアクティブなコミュニティーがあります。早い段階で、プロジェクトの可能性に気づき尽力されて来た方々があっての今の功績だと思います。我々がご一緒させていただく事でより加速して参りたいと思います。また、Enjinのような、最高の技術力を誇りつつも日本であまり話題にならないプロジェクトを日本で推進していける事に関して、とてもやり甲斐のある役割だと思っています。それぞれの今までの功績を尊重しながらも、我々がアクセラレートすることで新たな価値の提供に寄与していきたいと思います。

<アクセラレーター第1期 プロジェクトのご紹介>


Tezos Japan(Tezos
Tezosは、2014年から開発がはじまり分散型アプリケーションプラットフォームとして、イーサリアムなどのプロジェクトと比較されます。Tezosは、セキュリティに特に焦点を当てており、その根幹となる技術が形式検証です。形式検証に適したスマートコントラクトVMとして設計されているMichelsonやシステム全体を形式検証しやすいようにOCamlで記述することで、セキュリティホールを限りなく「ゼロ」に近づけ、Tezos上に構築されたアプリケーションの安全性を極限まで高め、安心で安全なパブリックエコシステムをユーザーに提供します。

HashPort AcceleratorとTezosは、ブロックチェーン技術の普及とセキュリティの高い分散型プラットフォーム開発と利用促進という共通のビジョンを有しています。Tezosの日本への進出は、日本のブロックチェーン市場の発展に大きく寄与すると考えていることから、HashPort Acceleratorを通じ日本でのマーケティング支援の実施等の様々なサポートを行っていく予定です。

Tezos Japan 一般社団法人 代表理事 香川 英雄のコメント
Tezosは分散性を重要視しており、全世界において分散された組織体制で運営をしています。Tezos Japanとしては、日本へのブロックチェーン技術の浸透による企業の競争力の向上を重要なテーマと捉え、ミッションクリティカルな金融などを始め、あらゆる産業にTezosのテクノロジーが浸透することを目標として日々活動しています。


Internet of Services Foundation(IOS Foundation
IOS Foundationが開発を行うIOSTは非中央集権性とセキュリティの両立に加え、今までブロックチェーン技術の課題とされていた高スケーラビリティを実現させた次世代の分散型プラットフォームです。高スケーラビリティを実現するためにシャーディングやマイクロステートブロックなど革新的な技術が導入されている他、Proof of Believability (以後、PoB)という固有のコンセンサスアルゴリズムによって、高いセキュリティ体制を実現しながらも非中央集権的な性質が強いパブリックブロックチェーンを構築しています。また、トランザクション処理能力が要求されるスマートコントラクトを利用した契約情報の管理、ゲームから決済までの幅広いアプリケーションの開発に際し、分散的な管理を行うことが可能になります。

HashPort AcceleratorとIOS Foundationは、ブロックチェーン技術の普及と分散型ネットワークを利用した信頼性の高い健全な商取引の利用促進という共通のビジョンを有しています。IOSTの日本市場への進出は、日本のブロックチェーン市場の発展に大きく寄与すると考えていることから、HashPort Acceleratorを通じて、日本市場におけるマーケティング支援の実施等、様々なサポートを行っていく予定です。

Internet of Services Foundation Ltd. 共同創設者兼最高経営責任者:Jimmy Zhongのコメント
私が仮想通貨に関連したことを考える時、いつも最初に思い浮かぶのは日本です。この国は、仮想通貨に対する一般市民の意識が高い世界有数の国であることは間違いありません。また、日本は仮想通貨の技術の驚くべきエコシステムが存在しており、法制化が進行しており、多くの企業が仮想通貨に関する技術を真剣に受け止めています。私たちはもっと日本で探索し、もっと多くの人々に私たちのIOSTについて学んで頂き、より多くの開発者、ノードパートナー、そしてユーザーが私たちのブロックチェーン技術から恩恵を受けられるようにしたいと思っています。楽しみにしています!


Enjin Pte Ltd(Enjin
Enjinは、2,000万人以上のユーザー、25万以上のゲームコミュニティを抱えるオンラインゲームを有しており、業界では世界最大級の分散型ゲームコミュニティプラットフォームとして人気を博しています。Enjinのプラットフォーム構築に際しEthereumの分散型ネットワークを利用することで世界中のユーザーと低コストで、且つ容易にゲーム間のアイテム交換や売買などのコニュニケーションを行うことを可能としており、世界中から注目されています。そのプラットフォーム上で利用されるEnjin Coin (ENJ)は、ゲーム開発者やユーザーによってゲーム資産の購入、利用、交換などに用いられています。さらに、Enjin開発者向けプラットフォームには既に7千人の開発者がおり、UnityのSDKは8百以上のダウンロード、そのウォレットはアンドロイドとiOSより100万以上のダウンロードを達成しています。

HashPort AcceleratorとEnjinは、ブロックチェーン技術の普及とエンジンゲーム開発プラットフォームの利用促進という共通のビジョンを有しています。Enjinの日本への進出は、日本のブロックチェーン市場の発展に大きく寄与すると考えていることから、HashPort Acceleratorを通じ日本でのマーケティング支援の実施等の様々なサポートを行っていく予定です。

Enjin Pte Ltd. 共同創設者兼最高経営責任者Maxim Blagovのコメント
日本市場への展開に際し、豊富な知識・経験をもっているHashPortとの業務提携はとても光栄なことだと感じています。これまで世界中の先進的な開発者たちを魅了してきたように、Enjinは日本でのサービス展開によってブロックチェーンが社会的発展とゲーム業界に大きな影響力を与えることを証明することができると確信しています。

■株式会社HashPort Acceleratorについて
HashPort Acceleratorは、海外の大手クリプトファンドの推薦を受けた実績のあるブロックチェーンプロジェクトの日本国内における展開を支援するアクセラレータプログラムを提供しています。海外ブロックチェーンプロジェクトのローカライゼーション支援、ファンドレイズ支援の2つの領域からサポートを行うことで、日本における成功を支援するとともに世界の最先端テクノロジーで日本を革新することを目指しています。
事業内容

PR・イベントのサポート
日本企業とのビジネスマッチングのサポート
日本でのコミュニティ運営のサポート
日本での採用・オフィス立ち上げのサポート
新規暗号資産(仮想通貨)取扱申請関連のサポート
投資家コミュニティの紹介
インベスターリレーションズ関連のサポート

Tezosについて
Tezosは、OCamlという関数型のプログラミング言語で書かれたパブリックブロックチェーン、及びMichelsonで書かれたスマートコントラクトのプラットフォームです。Michelsonは関数型言語で、DAO事件やMulti-Sig Walletなどスマートコントラクトにより引き起こされるコード不正を見つけやすい利点があります。また、TezosはLiquid Proof-of-Stake(LPoS)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。さらに、オンチェーンガバナンスと呼ばれるガバナンスプロセスによって、メタアップグレードによる変更やオンチェーンの投票システムによって決定された事項に基づいてルールの変更を行うことができ、自己修復型の分散型台帳として特徴付けられています。
Tezos 公式HP : https://www.tezos.or.jp/

IOS Foundationについて
IOS Foundationは、非営利団体としてあらゆる分野の商取引に対応しサービス提供から決済まで完結する分散化プラットフォームを構築しており、ゲーム、ウォレット、分散型取引所、ステーブルコイン、その他のアプリケーションを立ち上げる予定です。これらのアプリケーションは、一般的なEthereumのスマートコントラクトと互換性があるためスムーズな移行が可能である点、JavaScriptで構築可能なことから開発者の参入が容易である点、コミュニティの形成や技術開発が活発に行われている点で優位性があります。IOS Foundationは、Nirvana Capital、Matrix Partners、Huobi、SEQUOIA、Theseus、ZhenFund、Bluehillなどのベンチャーファンドから3,500万ドル(約40億円)を調達しており、現在はDAppsの設計を推進するために、IOS Foundationは様々な業界の有力企業とパートナーシップを結び、今後の展開に備えています。
IOS Foundation 公式HP : https://iost.io

Enjinについて
Enjinはビデオゲームコミュニティ、及び関連コンテンツとサービス作成のためのプラットフォームとして2009年にオーストラリアで創業され、2012年1月27日にシンガポールに移転しました。Enjinが提供する分散型ゲームコミュニティプラットフォームでは、これまで実現できなかったゲーム間でのアイテム交換・売買などクロスボーダーでのコミュニケーションと取引を可能とする他、Enjinウォレットや検索エンジンなどゲームに付随した便利なプロダクト・サービスも多数提供しています。Enjin Coin(ENJ)はイーサリアムベースの仮想通貨であり、そのプラットフォーム上の価値を裏付けるものとして利用されています。
Enjin 公式HP : https://enjin.io/

■ 株式会社HashPort 概要
会社名 : 株式会社HashPort
代表者 : 代表取締役社長 吉田世博
住所  :〒107-0061 東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル3F
URL : hashport.io
事業内容: アシュアランス事業、 コンサルティング事業

■ 株式会社HashPort Accelerator 概要
会社名 : 株式会社HashPort Accelerator
代表者 : 代表取締役社長 吉田世博
住所  :〒107-0061 東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル3F
URL   : hashport-accelerator.com
事業内容: アクセラレーター事業

企業プレスリリース詳細へ