「アートxブロックチェーン」に取り組むスタートバーン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:施井泰平、以下 スタートバーン)は、UTEC(東京大学エッジキャピタル/東京大学エッジキャピタルパートナーズ)、株式会社SXキャピタル、株式会社電通、片山龍太郎氏を引受先とした第三者割当増資により、3.1億円の資金調達を実施いたしました。

 また、3月1日付で経営体制を強化し、元AnyPay CEO大野紗和子氏、元クリスティーズジャパン代表片山龍太郎氏の2名を、新たな仲間として加えたことをご報告致します。

  スタートバーンは新時代のアート作品評価・流通インフラとしてのアートブロックチェーンネットワークを構築し昨年テストネットを公開しております。更に、そこに接続する自社サービスstartbahn.org への証明書発行機能実装などを進めてまいりました。

 今回調達した資金はブロックチェーンネットワーク・接続ASP開発の加速、事業提携・共同事業を含めた国内外のビジネス展開、知財戦略及び採用強化などに活用してまいります。

■アートブロックチェーンネットワークについて


スタートバーンが設計・構築するアートブロックチェーンネットワークは、世界中のアートサービスをつなぐことを目的とした、作品の来歴・流通マネジメントを可能とするブロックチェーンネットワークです。

ブロックチェーンの非改ざん性・相互運用性を活用した証明書により、売買の履歴だけでなく、美術館での展示、貸し出し、鑑定といった、作品の評価と信頼性に関わる様々な履歴を連続的に記録できます。


また、スマートコントラクトによるリージョンコントロール・著作権管理を含めた流通管理やアーティストへの還元金の設定が可能です。

■今後の事業展開について
スタートバーンでは現在、アートブロックチェーンネットワークに繋がるサービスの第一弾として、アーティストやギャラリーが作品を販売できるサービスstartbahn.orgを運営するほか、アートブロックチェーンへの他サービスの接続を容易にするASPの開発も行っています。
また、他社の運営するアート関連サービスとの提携も進めてきました。

※参考リンク
ブロックチェーンを活用したアート・工芸作品の新たなプラットフォーム「B-OWND」のウェブサイトを公開
https://www.tanseisha.co.jp/news/info/2018/post-27750
スタートバーン株式会社、ブロックチェーン活用によるアート市場活性化の取り組みを国内数社との提携により開始。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000016730.html

今後、更に幅広いアート関連サービスとの連携を進める他、従来のアート流通における活用に加えて、デジタルコンテンツの流通や販売管理、美術品のレンタルビジネス、高級ブランドの二次流通管理、美術品の分散所有等、広い領域の事業との連携を見据えています。

■新経営陣2名について
大野紗和子(おおのさわこ)・・・取締役COO(最高執行責任者)

東京大学大学院理学系研究科修了。ボストン・コンサルティング・グループ、Googleにおいて、経営・マーケティングのアドバイザリーやオンラインマーケティング関連のリサーチプロジェクトに従事。東京大学教育学研究科特任研究員として、スマートフォンを用いた認知行動学研究に参加。Fintech事業に取組むAnyPayにおいて、取締役COO・代表取締役CEOとして、決済・ブロックチェーン・投資事業の立ち上げとマネジメントに従事。スタートバーンではCOOとして、国内外のビジネス推進と投資・知財戦略等を担う。趣味は、チェロ、バンドボーカル等の音楽活動。

片山龍太郎(かたやまりゅうたろう)・・・社外取締役

慶応義塾大学で経済学士と社会学修士を、ハーバードビジネススクールでMBAを取得。マルマンを社長として再生、産業再生機構では執行役員としてカネボウ等を成功裏に再建。その後ジュリアーニパートナーズ日本代表、世界最古最大のアートオークション会社クリスティーズ日本法人社長等を務める一方、数多くの著名企業社外取締役、美術団体理事等も歴任。又大手VC、ウィズ・パートナーズの創設に参画し現在は国際的VC、マウンテンジャパンのマネージングパートナーも務める。これまで関わったM&A案件は約100件。趣味はゴルフ、テニス、美術、音楽と幅広い。

■スタートバーン経営陣一覧

■スタートバーン株式会社の概要
 スタートバーンは世界中のアーティストそしてアートに関わる全ての人が必要とする技術を提供し、より豊かな社会の実現を目指す会社です。パブリックチェーン上へのアートブロックチェーンネットワーク構想・構築のほか、オンラインサービスstartbahn.org、法人・団体とのブロックチェーン共同事業などを展開しています。

会社名:スタートバーン株式会社
代表者:代表取締役CEO 施井泰平
所在地:東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ255
設 立:2014年3月26日
HP : https://startbahn.jp/

■第三者割当投資の引受先企業の概要
UTEC(東京大学エッジキャピタルパートナーズ)
https://www.ut-ec.co.jp/
東京大学が承認する「技術移転関連事業者」として、ベンチャー企業を通じた大学の「知」の社会還元に向けて、優れた知的財産・人材を活用するベンチャー企業に対して投資を行う。

株式会社SXキャピタル
https://www.sxcapital.jp/
株式会社シグマクシス( https://www.sigmaxyz.com/ )と資本・業務提携している独立系ベンチャーキャピタル。“世界は変えられる”、“未来を変えたい”と熱く考えているベンチャー企業に対して出資を行っている。

株式会社 電通
https://www.dentsu.co.jp/
「Integrated Communication Design」を事業領域としたコミュニケーション関連の統合的ソリューションの提供、経営・事業コンサルティングなど

ーー
■本リリースに関するご連絡
担当:スタートバーン株式会社 波多野(はたの)
[email protected]

■アートブロックチェーンネットワークに関するお問い合わせ
想定対象者:作品証明書活用に興味のあるギャラリー、オークションハウス、美術大学、保管業者、信託・保険会社、証券会社、真贋鑑定業者などのアートに関連する法人(営利/非営利は問わない)。
また、アート事業に限らず、ブロックチェーンの導入・活用を検討する法人。

担当:スタートバーン株式会社 浪江(なみえ)
[email protected]

プレスリリースファイル:https://prtimes.jp/a/?f=d16730-20190318-6401.pdf

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!