株式会社Zofuku(東京都文京区)は、拡大するブロックチェーンアプリケーション市場に必要不可欠な、イーサリアム2.0対応のブロックチェーンフルノードを格納した分散型データセンターの先行販売を開始しました。簡単に分散型データセンターの所有者になることができ、所有者は収入を得ることができます。また、ブロックチェーンノードを利用する開発者は、既存のクラウドサービスに比べ低価格で稼働することができます。

分散型データセンターWEBサイトはこちら(https://node.spaceincome.jp/
お申し込みはこちらのページからできます(https://node.spaceincome.jp/flow.html#apply

ブロックチェーンノードとは、ブロックチェーンに接続・参加するコンピューターのことです。その中でもフルノードとは、参加するブロックチェーンに記録されたすべてのデータを保有しているノードのことです。このノードを活用したデータセンターを分散型データセンターと呼んでいます。

1. 分散型データセンター市場の成長性
(1)Dapp市場の拡大を支えるインフラに
Dappとは、ブロックチェーン技術を使用したアプリケーションのことです。見た目は普通のアプリですが、バックエンドの仕組みにブロックチェーン が使用されています。ここ数年、イーサリアムをはじめとするDappの開発が年々盛んになっています。Dapp.comのレポートによれば、2019年のdappユーザーは前年のおよそ2倍に成長しており、1年間で1400以上のアプリがローンチされました。Dappの開発では、イーサリアムなどのブロックチェーンに参加するコンピューター(ノード)が必要不可欠です。開発者やユーザーが拡大するに従って、ブロックチェーンノードの需要も高まります。

(2)トークンエコノミーの発展
2020年7月で暗号資産は2500種類以上と言われています。暗号資産や独自トークンを発行することが簡単にできるようになってきました。新しく暗号資産を発行する際、ネットワークを保つためにブロックチェーンノードが必要になります。今後、トークンを使った経済圏が普及していくに従ってブロックチェーンノードを簡単に稼働できることは高い需要が見込めます。

2. 分散型データセンター事業のスピード
弊社の分散型データセンターは、ブロックチェーン技術と地理的な分散化によって、災害によるデータ損失リスクを下げることができます。今後、現在の20倍ものIoTデバイスやスマートデバイスがエッジ環境に存在すると予測されています。エッジコンピューティングや分散型パブリッククラウドへの移行は、ガートナーの2020戦略的技術トレンドのTOP10の一つにあげられており、今後、急成長が期待される分野です。

3. ブロックチェーン技術の発展
イーサリアム2.0では、マイニングによる承認作業を必要とするPoW(プルーフ・オブ・ワーク)から、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)というアルゴリズムに移行する大型アップデートが予定されています。PoSに移行すると、PoWのような高性能GPUマイニングを必要としないため、電力の大量消費を防ぐことができ、より低コストで運用することが可能となります。
イーサリアムのブロックチェーンを利用した分散型アプリケーション(Dapp)の開発が盛んに行われており、中でもDappゲームの開発には多くのプレイヤーが参加しています。今後もDapp開発者の数は増えることが予想され、イーサリアム2.0の活用が進みます。

ブロックチェーンノードとそのデータセンターは、デジタル時代・分散化社会の新しいインフラとなる事です。株式会社Zofukuの分散型データセンターで利用するデバイスは、株式会社Neukind(東京都文京区)が開発した、イーサリアム2.0対応のブロックチェーンフルノードデバイス「NeuNode」です。

【分散型データセンター事業の流れ】

1. Zofuku社が分散型データセンターの設置
2. Neukind社のブロックチェーンフルノード「NeuNode」を購入
3. 世界中の開発者が「NeuNode」上のブロックチェーンノードサービスを利用
4. ノードの所有者は「NeuNode」の利用状況に応じた収入を受け取る

通常、イーサリアムなどのブロックチェーンノードを稼働・運用するには多くの費用と手間がかかります。実際、ノードを稼働させている開発者や事業者の多くは、クラウドサービスを利用しており、サーバー代などの運用コストが大きな負担となっています。
6,000台ほどのノードの運用実績を持つNeukind社が提供するノードデバイスを活用した分散型データセンターを使えば、クラウドサーバーにかかっていた運用コストを開発者は90%削減することができます。

【ノードの所有者(データセンターの所有者)となるメリット】
従来の投資事業と比べて、様々なメリットがあります。

1. 少額からデータセンターを所有できる(100万円~)
データセンターは100万円から購入することができます。不動産やコインランドリー経営などとは異なり、立地によって収益性が左右されることはなく、準備段階から手間がかからない点もメリットです。中小企業庁の中小企業経営強化税制A類型の適用も可能です。

2. 専門知識がいらない
ノードの所有者となるために、何か新しく勉強しなければならないことはありません。設置から運用まで、全てZofukuとNeukindにお任せできます。ご自身のノードの稼働状況は、アプリからいつでも簡単に確認することができます。

3. 将来性が高い
ブロックチェーンノードに対する需要は、年々高まっています。暗号資産やブロックチェーンを活用したアプリケーションやサービスが増えるにつれて、ノードの数も必要になるからです。今後さらにブロックチェーンノードの需要は拡大していくでしょう。

4. 補助金や制度の活用
経済産業省のものづくり補助金の申請などのサポートもZofukuと連携した社労士から可能です。制度を上手く活用し、ブロックチェーンを活用した新規事業の立ち上げが可能です。

【開発者が分散型データセンターを利用するメリット】
1. 既存クラウドサービスの10分の1の価格
通常のブロックチェーンノードの運用には、クラウドサービスが利用されています。クラウドサービス使って、ノードを稼働させるていると、台数が増えるほど運用コストも大きくなってしまいます。Neukindのブロックチェーンノードサービスは、従来のクラウドサービスより低価格でノードを稼働させることができます。

2. フルノードを簡単に稼働
イーサリアムのフルノードを稼働させるには、様々な条件があります。稼働率を他守ることや頻繁なアップデートの実行、デポジットされた資金の移動など、高度なプログラミング知識とコストがかかります。フルノードとは、ブロックチェーンのデータを全て(フル)で保持するコンピューターのことです。膨大なデータを処理するため、運用コストは高いのです。Neukindのノードサービスを利用すれば、開発者はアプリケーションやサービス開発に注力することができます。

【予約のお申し込み】

分散型データセンターWEBサイトはこちら(https://node.spaceincome.jp/
お申し込みはこちらのページからできます(https://node.spaceincome.jp/flow.html#apply

【問い合わせ】
株式会社Zofuku
東京都文京区本郷三丁目38−1本郷信徳ビル7F
https://zofuku.com/
Email: [email protected]

【ブロックチェーンフルノードデバイス「NueNode」の開発元】
株式会社Neukind
東京都文京区本郷三丁目38−1本郷信徳ビル7F
https://neukind.jp/

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!