~注目プロジェクト40の詳細に加えて、アグリゲーターやステーブルコイン、クロスチェーンなどの領域のプロジェクトなども含め計100以上のプロジェクトを収録~

マネックスクリプトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表:万代惇史、以下「マネックスクリプトバンク」)は、「DeFi Ecosystem Report」と題し、注目すべきDeFiプロジェクトやDeFiエコシステムを支えるさまざまなプロジェクトなどに関する網羅的な調査レポートを作成し、本日11月5日より配信開始いたしました。弊社運営メディア『Block Insight by MonexCB』内で無料ダウンロードが可能になっております。


■ 背景
DeFiとはDecentralized Finance(分散型金融)の略であり、中央集権的なシステムでは実現が困難であったまったく新しい金融体験をもたらすムーブメントとして、近頃、世界中で大きな話題を呼んでいます。

従来型の金融取引においては、中央集権的な金融機関が決定的に重要な役割を果たしています。比較的新しい分野である暗号資産取引においても、中央集権的な暗号資産取引所がオフチェーン上で様々な操作を行うことで、円滑な取引が実現されているという意味では、従来型の金融取引と変わるところはありません。

他方、DeFiにおいては、このような従来型の金融における中央集権的なプレイヤーが必要とされません。このようなプレイヤーは、パブリックブロックチェーンの技術とプロトコル、そして緻密に設計されたコードによって代替されます。つまり、DeFiにおいては、金融取引に係るほとんどの操作、行為がオンチェーン上で行われるのです。

このことによって、DeFiにおいては、中央集権的な運営者(金融機関等)を信頼することなく、自らの資産のコントロール権限を保持したまま、暗号資産の現物取引、デリバティブ取引、貸出、借入といった従来型の金融取引が可能になるだけでなく、従来の金融機関が担ってきたマーケットメイク等の操作を、今度はユーザーが担えるようにすることで、たとえば「流動性供給報酬」のような新たな収益機会を開拓することができるようになっているのです。

このように金融の世界へ新たな風をもたらすDeFiの世界には、並々ならぬ関心が集まっていますが、しかし、DeFiを標榜するプロジェクトのほとんどすべてが国外で進められるものであり、国内においてDeFiに関する情報を網羅的に扱った調査や文献はきわめて少ない状況にあります。

弊社では、DeFiについて、金融の新たな形、とりわけ中央集権的な管理者を必要としない形を提示しているという点で、FinTech領域のなかでもとくにイノベーショナルな領域を占めるものであると考えております。
また、シェアリングエコノミーや相互保険などに関心が高まるなかで、個人と個人が、ユーザーとユーザーが、コードやプロトコルという「システム」を介して繋がるというP2P(Peer to Peer)の世界観をすでに実現しているDeFiエコシステムは、FinTechの領域を超えて様々な領域に大きなインパクトをもたらすと弊社では捉えております。

このような問題意識から、国内でのFinTechをさらに推し進めるためには、国内の事業者および消費者が容易にアクセスできる地点において、DeFiに関する体系的な情報が提供されている必要があると考え、本調査レポートの執筆に至った次第でございます。

■ 概要
【目次】
・DeFiの概要
・DeFiの市場概況
・DeFiエコシステムの解説
・DeFi Top 40
・DeFi Ecosystem Supporters

【収録プロジェクト(掲載順)】
・Uniswap
・MakerDAO
・WBTC
・Harvest Finance
・Compound
・Aave
・Curve
・Synthetix
・Yearn.Finance
・RenVM
・Balancer
・SushiSwap
・InstaDapp
・Cream.Finance
・Flexa
・dForce
・Nexus Mutual
・DODO
・mStable
・ForTube
・Set Protocol
・dY/dX
・Loopring
・Bancor
・Metronome
・KyberNetwork
・xDAI
・Gnosis
・DeversiFi
・Erasure
・pieDAO
・DDEX
・Opyn
・MelonProtocol
・MCDEX
・RAY
・Augur
・bZx
・ACO
・Dharma
・その他、エコシステムサポーターとして、アグリゲーター、分散型オラクル、クロスチェーン、ステーブルコイン、アナリティクス/エクスプローラー、ウォレット、Layer2、Gasトークン、ステーキング代行、DAOプラットフォーム、セキュリティ、EOSなどの領域で進められている100以上のプロジェクトを収録

■ 販売価格
無料

■ 購入ページ
https://crypto-lab.info/?p=13800

■ 問い合わせ先
info●cryptobk.jp
(●を@に変えて送信してください)
担当:島田

■ マネックスクリプトバンク株式会社について
マネックスクリプトバンク株式会社は、2017年12月に設立され、暗号資産やブロックチェーンのサービスに関する調査、研究、企画、開発及びコンサルティングを提供しています。東証一部上場企業であるマネックスグループ株式会社の100%子会社であり、ブロックチェーンや暗号資産の最新動向を考察するwebメディア「Block Insight by MonexCB」、ビットコインがもらえる二ュースアプリ「Cheeese」などのサービスを運営しています。マネックス(MONEX)とは、MONEYのYを一歩進め、一足先の未来の金融を表わしています。常に変化し続ける未来に向けて、創業来、マネックスグループは最先端のIT技術、世界標準の金融知識を備え、新しい時代におけるお金との付き合い方をデザインし、更には新しい時代の金融を再定義し、全ての個人の投資・経済活動をサポートすることを目指しています。

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!