取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン

次世代の株式引受方式での海外資金調達

株式会社ChainBowの株主であるセルクルシンガポールファンデーションは、保有するセルクルO2Oプラットフォームの株式を担保にとり、STOトークン(略称:CSS)の発行と運営に使用しました。

セルクルO2OプラットフォームHP:
https://www.cercle.app

STO公式HP:
https://cercle.sg

STOについて

STO(セキュリティトークンオファリング)は株式や債権などの所有権をトークンとして表したもので、ブロックチェーンと組み合わせることで安全性や透明性、市場障壁の排除、所有権の細分化し取引できるものとして金融市場からも注目されている資金調達方法です。

株式会社ChainBowは保有株式の20%をセルクルシンガポールファンデーションに売却しますが、売却された株式も同ファンデーションが担保に入れ、それに基づいてトークンを発行し、将来的にセルクルO2Oプラットフォームの収益をもってCSSトークンを買い戻すと約束します。

STOトークンの上場

セルクルシンガポールファンデーションが発行しているSTOトークンCSSが本日(10月24日)株式トークンとして海外取引所に上場します。

STOでの買戻し・贈呈・エグジット

買戻しと贈呈 : 発行元が収益でCSS総量の40%となるまでに買い戻し、その後ステーブルコインをCSS所有者に贈呈します。

エグジット : 株式会社ChainBowが上場またはM&Aを行なった場合、税後のすべての収益で全てのCSSを買い戻し、プロジェクトをエグジットさせます。

株式会社ChainBowのビジョン、O2Oプラットフォームとは

O2Oとは、Online To Offlineの意味です。オンラインビジネスにおける商品・サービスを消費者に提供・販売することで消費者をオフラインの実店舗に誘導し、商品とサービスを手に入れるようにする流れです。

政府による「キャッシュレス社会」推進政策も徐々に浸透しつつありますが、国内でのスマホの普及率に比べ、これらでの決済手段の普及ではまだ日常的という段階には達していません。

巨大な日本の消費市場においては、このポイントシステム、販売促進キャンペーン、店舗のタイムライン、サービス予約などを通じてオフラインの店舗情報をネットユーザーにプッシュし、ネットユーザーをオフラインの顧客に転化することができます。

「キャッシュレス社会」が日常的で安全なものとして浸透していくことでこれらのサービスが急速に普及・発展していくことが考えられます。

セルクルO2Oプラットフォームでは、これらの統合決済を突破口として、数万軒の店舗と消費者に日本のビジネス環境に適しているサービスを提供します。

当プラットフォームはブロックチェーン技術を基盤に、ビジネスアプリケーションをサポートすると同時に、自身もキャッシュレス社会へ進化するトレンドの中で収益を取得します。

さらに、その戦略的な目標はグローバルに向けており、オンラインサービス、オフライン店舗、消費者をつなぐ架け橋として、店舗顧客層の量的変化を質的変化へと飛躍させ、売上高を大幅に増加させることを目的とし、将来的には何十億もの消費者が真に利用できる「価値のインターネット製品」の提供を目指しています。

ChainBowが行うSTOでは、一般の店舗・消費者向けとなる実在の収益モデルのあるセルクルO2Oプラットフォームを利用する事により、将来O2Oビジネスのユニコーン企業へと成長する可能性を持ち、10億ドルの時価総額でCSSトークンの価値を支えていける仕組みになっています。

なぜ、セルクルアプリなのか?

・リピーターを容易に獲得できる

お店の専属会員・ポイントシステムを使えるようになり、電子化ポイントデータの分析と管理が一目瞭然で、会員へのお得な特典情報のプッシュ機能で、リピーターを獲得します。

・スマホオーダーで、お店の運営をスマートに

テイクアウト、イートインをアプリの「スマートレストラン」機能で、電話での予約・注文対応の負担を削減し、お店の人手不足を解決でき、事前決済することで無断キャンセル対策に役立ちます。

・ソーシャルメディアと販売連動の活用

お店が様々なソーシャルメディアへの広告配信、情報拡散し、ページを見た人に予約や注文、お問い合せを促すといったビジネス活用をさせることで、コンバージョン率UPに繋がります。

ビジネスモデルとキャッシュレス社会の推進

・ポイントビジネスモデル

ポイントシステムは、成熟した現代ビジネスでの普及が進んでいます。またこれは会員サービスを提供するための最も好ましいビジネス戦略アイテムとなっています。

・ブロックチェーンの活用

顧客が得た様々なポイントもまた大切な資産です。

個々のポイントがそれぞれの別のシステム上で動く場合、管理方法やセキュリティ面などにもばらつきが生じてきます。

ブロックチェーンを用いてこれらの情報管理を一元化し、安全にポイント資産の動きを追跡することが可能となります。

さらに、ブロックチェーンは分散型台帳であるため、一度記録されたデータに対して、悪意ある意図的なデータ改ざんなどの操作を行うことは不可能であるため、ポイントシステムへの信頼度も高まります。

・キャッシュレス社会を目指す日本

日本は世界第3位の経済大国では、店舗や店舗が発行したポイントカードの価値だけでも毎年2兆円に相当します。これらのサービスポイントカードの保有率は95.9%にも達し、一人当たり10~20枚のポイントカードを所有している事になります。

日本政府はキャッシュレス社会の発展を促進するために、2019年10月1日の消費税引き上げと同時に、全国共通の新ポイントを発行し、最終的に2002年開催のオリンピックや2025年開催の万国博覧会を経てキャッシュレス社会を実現することを目指しています。

セルクルO2Oプラットフォームの特徴

セルクルO2Oプラットフォームでは、ブロックチェーン技術が基盤として組み込まれる事により、法定通貨だけではなく、ビットコインを含む暗号資産に対応する決済機能も実現可能となりました。

これは日本政府が推進する「キャッシュレス社会」へ進む重要なステップへとつながる事になります。

セルクルO2Oプラットフォームは、ApplePay、GooglePay、Visa/Master Card/AMEX/JCBカード、UnionPay、WeChat決済及びAliPay(増加中)などの法定通貨決済サービスを統合しているため、各店舗は自ら多数の決済システムをそれぞれ導入する必要がなくなり、セルクルO2Oプラットフォームの導入でこれらの全ての決済をスムーズに完了することが可能となります。

法規定遵守と優遇税制の享受

セルクルO2Oプラットフォームでは、初期デザイン段階からコンプライアンス調査を実施してきました。

日本政府は、キャッシュレス社会の発展を促進するために税制上の優遇措置を策定しています。セルクルO2Oプラットフォームでは、キャッシュレス決済事業者として、この優遇税制を享受しています。

日本国税庁は、2018年4月1日から店舗の帳簿書類は10年間保存しなければいけないと規定しています。セルクルO2Oプラットフォームでは、ブロックチェーン技術を用いて帳簿書類を保存するため、帳簿書類が改ざんされたり破損することなく10年以上保存することが可能です。

セルクルO2Oプラットフォームの営業代理人収益システム

セルクルO2Oプラットフォームは、営業代理人制度を採用しています。

代理人へ、店舗様を獲得できると報酬があることで、店舗が一気に広がる可能性が考えられます。店舗様が増えると、ChainBowの収益も増えます。

詳しくは、下記のリンクで確認できます。
https://cercle.sg/files/Cercle_Business_Agent.pdf

株式会社ChainBow、セルクルO2Oプラットフォームのロードマップ

まとめ

日本は現在、モバイル決済の分野において戦国時代に入ろうとしています。最終的に、強大な利益を獲得できる企業は、決済分野だけではなく、決済が普及してから台頭するO2Oビジネスモデルであると予想されます。

日本における初めてのO2OプラットフォームとしてセルクルO2Oプラットフォームはいち早くこの分野に参入し、初期段階での開発作業とマーケティングを既に完了させ、間も無く訪れるであろう巨大なビジネスチャンスを迎えようとしています。

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。