ブロックチェーンアプリケーション開発を簡易化するフレームワーク提供開始間近

株式会社Cryptoeconomics Lab(以下、Cryptoeconomics Lab)は、このほど、Ethereum Foundationが運営する助成プログラム「Ecosystem Support Program」に2度目の採択を受けた事をお知らせいたします。

Cryptoeconomics Labでは、現在、分散型アプリケーション(以下、Dapps)開発フレームワークの提供に向けて開発を進めています。Ethereum Foundationの継続支援により、Ethereumブロックチェーン上にDapps構築を検討しているエンジニア・企業の皆さまに「開発エクスペリエンス向上」「取引の高速化」そして「堅牢なセキュリティ」を提供するための開発を加速していきます。

■ 本リリースのポイント

2019年10月、日本企業として初めて同プログラムに採択(LayerX社と同時)。
今回は2度目の採択となり、日本企業としては最多。
Ethereumのオフチェーンスケーリング技術「Plasma」が、2017年8月のホワイトペーパー発表から2年半の研究開発フェーズを経て、いよいよDapps開発への簡易実装フェーズへ。

■ ブロックチェーン社会実装に向けた課題とCryptoeconomics Labの打ち手
Cryptoeconomics Labでは、事業会社様との実証実験を通してブロックチェーンの社会実装に取り組んできました。その中で、以下の2つの課題領域に焦点をあてて、R&Dチームが自社プロダクト開発を進めてきました。

■ 今後について
フレームワークは、オープンソースソフトウェアとして今春、提供開始予定です。
<技術に関するご質問、弊社エンジニアによるハンズオンワークショップのご要望>
Telegramグループ「JP OVM Dev Group」@plasmaqanda
<本件に関するお問い合わせ>
[email protected]

■ Plasma/OVM技術に関する参考資料
1. Plasmaホワイトペーパー:
https://www.plasma.io/plasma.pdf
2. Plasma Group(現Optimism)によるOVM提案:
https://medium.com/plasma-group/introducing-the-ovm-db253287af50
3. 弊社R&DエンジニアによるOVM解説記事:
https://medium.com/cryptoeconomics-lab/a-gentle-guide-to-the-ovm-934035646942

■株式会社Cryptoeconomics Lab
本社:東京都新宿区
代表取締役:片岡 拓
企業HP:https://www.cryptoeconomicslab.com
公式Twitter:https://twitter.com/cryptoeconlab

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!