取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン

SMADONA株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:長崎幹広)は、アート作品を100円から売買できる世界初のアート作品の分割所有型プラットフォーム 「STRAYM (ストレイム)」で、初回公開していた3作品「Banksy (バンクシー)」「KAWS (カウズ)」「Wolfgang Tillmans (ヴォルフガング・ティルマンス)」の販売を本日12月3日(水)13:00より開始したことをお知らせいたします。

公開時トークン価格 :100円~

Rude Copper (2002)
バンクシーがこれまでに作った最初のシルクスクリーン作品。当初、ロンドンの壁画にグラフィティとして描かれた2人の警官から、1人の警官を描いており、その”フレンドリーなジェスチャー”はバンクシーのアイコンのひとつとなっている。

Banksy (バンクシー)
「世界中を舞台に神出⻤没な仕掛けで人々を熱狂させる覆面アーティスト。」 突如としてストリートに描かれる社会風刺的なグラフィティや、ゲリラ的な発表方法は世界中の人々を熱狂。2018 年、 「風船と少女」が、Sothebyʼsの競売にかけられ、約1億5,000万円で落札後に額縁に仕込まれたシュレッダ ーが起動し 作品が裁断したニュースが世界中を回った。

Untitled (1999)
1999年に制作されたC-3PO(スターウォーズ)の上に、KAWSのシグネチャー である「COMPANION(コンパニオン)」が描かれている。「STRAYM」でしか 入手することができない貴重な1点ものの作品。

KAWS(カウズ)
「ストリートカルチャーを超越して美術史を塗り替えた現代アーティスト。」 90年代のNY、バス待合所や公衆電話ボックスに設置されたビルボード広告にゲリラ的にペイントされた 両目が「XX」に なったキャラクターは、いまや様々な美術館で展示され、巨大なスカルプチャー作品としても世 界中に展示。2019年、 Sothebyʼsで開催されたオークションでは、予想価格の約20倍である 約16億4700万円 で落札された。

”Atair"(2006)
デンマークの彫刻家「ベルテル・トルバルセン(BertelThorvaldsen)」の彫刻を被写体にディティールをティルマンスが写し出した作品。

Wolfgang Tillmans (ヴォルフガング・ティルマンス)
「現代欧州の最も重要な写真家の一人」 1980年代末から、友人たちやクラブピープルたちなど、彼を取り巻く環境の日常的な光景をとらえた写真をテ ーマに撮 り始め、1990年代初頭、ロンドン移住後は、「i-D」「THE FACE」などのカルチャー誌で写真作品を発 表し注目される 。2000年には現代美術における最も重要な賞のひとつとして知られる「ターナー賞(英国)」を受賞。

新規登録はこちら
https://straym.com/

■STRAYM(ストレイム)とは
アート作品の分割・トークン化された所有権を、公開時は全て100円という超少額から購入・売却ができる世界初のプラットフォームです。トークンを100%購入することで、現物の作品も受け取れます。
https://straym.com
Instagram:https://instagram.com/straym_art?igshid=1ia2he0gscf70

■SMADONA株式会社概要
スマドナはプラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」の運営を通して、アートの民主化、展示における公共化を推進することで、より多くの人がアートシーンに参加、社会自体が持つアートマーケットへの潜在能力を向上させて「アートがもっと楽しくなる世界」の実現を目指す会社です。

会社名 :SMADONA株式会社
代表者 :代表取締役 長崎幹広
所在地 :東京都渋谷区神宮前2-4-20
設 立 :2017年9月
HP   : https://straym.com

■本リリースに関するお問い合わせ先
SMADONA株式会社
担当:長谷部 (はせべ)
メールアドレス:info@smadona.com

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。