ビットマイニング株式会社 (日本法人: 東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー 4階、代表取締役 長岡 遼、以下当社)は、 2020年8月7日より、日本国内にてグループサービスであるRRMineのファイルコイン(Filecoin)マイニングの取扱を開始しました。

URL https://www.rrm.jp/

グループのこれまで事業を通して蓄積された技術を生かして、効率的なファイルコイン(Filecoin)のマイニングで世界トップを目指すだけでなく、今後展開する予定の分散型クラウドストレージサービスやクラウドコンピューティングサービスのインフラ環境を構築し、AIロボットを始めIoTのデータセキュリティや生産性の向上を目指します。

RRMineについて

RRMineは2017年からビットコインマイニングのサービス開始しており、前年度の年間売上高は300億円以上に達している。売上と共に確かな経験と技術力を身に付けており、変化の激しい暗号資産市場に対して柔軟に対応しています。

ビットコインマイニングだけでなく、ファイルコイン(Filecoin)のマイニング事業も好調で、販売開始からわずか数分で15億円を売り切るなど、幸先の良いスタートを切っています。(原文:https://www.coindesk.com/filecoin-mining-craze-in-china

Filecoinに対しての成果及び強み

RRMineのマイナータグネームは「RRM」であり、パートナーにはテクノロジー世界大手であるDELL、Sugon(スーパーコンユピュータ開発)、iQIYI(動画配信大手)や、中国国内トップレベルの大学である電子科技大学の研究グループも参画しています。

RRMineのマイニングパフォーマンスは、ファイルコイン(Filecoin)マイナーの世界ランキングや統計データを見える化しているブラウザ:https://calibration.filfox.info/en/ranksで確認することができるが、ハッシュパワーやマイニング効率では世界一位の座を獲得しています。

Testnet2 (2020年7月31日時点)

Calibration net(準本番環境)(2020年8月7日時点)

その背景には、マイニングプール、ソフトウェア、ハードウェアのアーキテクチャを自社で開発・構築し、マシンの供給はDELL社をメインに、安定した供給と徹底したハイスペックで効率の良いマシンに仕上げるというファイルコイン(Filecoin)マイニングに対する会社の本気度が見て取れます。

IPFS/Filecoinについて

IPFS(InterPlanetary File System)はProtocol Labs(アメリカ)が開発している分散管理ファイルシステムです。私たちが普段利用しているインターネットのURLは「https」から始まっており、ロケーション型プロトコルと呼ばれています。この方式だと同時に1つのサーバーにアクセスが集中してダウンしたり、情報管理の中央集権化が問題視されています。また、Iot、5G、AIなどの発展で飛躍的に生成されるデータが量が増えている中で、これを解決するためにIPFSが開発されました。世界でIPFSの利用が拡大することで、データの通信速度や、管理コストを下げることが期待されています。IPFSの利用を拡大させる為に開発されたのが、ファイルコイン(Filecoin)です。個人または法人が、IPFSのプラットフォームに空きストレージを提供し、IPFSの規則に沿ってデータをしっかり保存管理すると、暗号資産であるファイルコインが報酬として得られる仕組みになっています。Filecoinにはすでに米大手VCなどから資金を調達しております。SEQUOIA Capitalを始め、Y Combinator、WINKLE VOSS Capital、Andreessen Holowitz Capitalなどです。このことからもプロジェクトの将来性が有望視されていることがわかります。

RRMineの優位性

RRMineはお客様のご要望に応じてクラスタを構築します。下の図の様にマシンとストレージの構成を組むことにより、コストパフォーマンスに優れたマイニングを実現可能にします。

また、RRMineはアテナプールという独自のプールを開発しております。アテナプールとは、アルゴリズム技術、最適なハードウェア、自作マイニングを統合したサービスで、当プールを活用することで、小規模なマイナーでも大規模なクラウドクラスタコンピューティング性能を利用することができます。そして、高いパフォーマンス、可用性、拡張性、信頼性、セキュリティを備えています。


【会社概要】
会社名:ビットマイニング株式会社
住 所:東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4F
資本金:50,300,000円
代表者:長岡遼
設 立:平成30年11月29日
事業内容:
1. ブロックチェーンに関するコンサルティング業務
2. フィンテックに関するコンサルティング業務
3. ブロックチェーンメディアに関する業務
4. イベント、キャンペーン、展示会などの企画、運営及びそれらのコンサルティング業務
会社HP: https://www.bm.land

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!