Social Good Foundation 株式会社(ソーシャルグッド ファウンデーション、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 高岡壮一郎、以下当社)は、買物をするだけでデジタル資産(暗号資産・仮想通貨)が貰えるアプリ(SocialGood App)を2020年9月10日にリリースしましたことを発表致します。これに伴い、ユーザーは日常的に買い物をするだけで、逆に資産形成をすることができます。SocialGood Appを通じて、世界の経済格差を縮小し、社会をより良くすることを目指します。

SocialGood App(iOS版)サービスサイト:https://socialgood.inc/

SocialGood Appを経由して、eBay やNike等の提携ショップで買い物をすると、ユーザーは無料でデジタル資産(暗号資産・仮想通貨)SocialGood(略称:SG)が貰えます。

デジタル資産SGは米国NYを拠点とする仮想通貨取引所に上場後、15日間で+7,529%上昇しました()。SGの大きな特徴は、SGの価値を運営会社が保証していることです。SGがユーザーに付与された時点より、価格が下がった場合には、運営会社が買い戻す仕組みがあります。

そのためSGを得たユーザーは、損をすることなく、値上がりだけを享受できます()。この点が、値下がりする可能性があるビットコイン等を還元するだけの他の仮想通貨還元サービスと大きく異なり、すべてのユーザーにとって大きなメリットがあります。

SocialGoodの提携企業は、eBay, Shopee, Lazada, Adidas and Nike()などの大手企業1800社以上です。SocialGoodのサービス利用者は世界161か国(日本を除く)に広がっており、今後アンドロイド版もリリースする予定です。

【SocialGood Appが誕生した背景】

私たちは社会を良くするSocialGoodエコシステム™を世界中に広げることを目指しています。

世界の人々のほとんどは、生活のために毎日消費をすることで、お金を失うばかりで資産形成が非常に困難な状況であり、全く資産を保有していません。他方で消費者からお金を受け取る側の企業の株主である資産家は、企業からの配当や株式の値上がりを通じて、長期的に保有資産の価値を増大させています。例えば、世界株式は年平均6.2%で成長していますが、30年間で元本は6.1倍になる計算です()。

このように、資本主義のメカニズムの中では、資産を持てずに非常に困っている大半の人々と、既に資産を持っている一部の資産家との間で、経済格差は広がる一方です。時間が経過すればするほど、自動的に経済格差が拡大していくメカニズムは、グローバルな社会的課題と認識されています(例:2019年1月21日世界経済フォーラム(ダボス会議)「99%のための経済」)

SocialGood Appは、この社会的課題を解決し、資本主義のメカニズムをアップデートするために生まれました。それは、一般消費者が消費をするだけで、逆に資産が形成されるサービスです。

SocialGood Appの世界的な普及を通じて、世界の経済格差を縮小し、社会をより良くしていくことを目指しています。将来的にはSocialGood App上の流通総額の一部を、世界中のESG団体に自動的に寄付する仕組みを実装する予定です。

【暗号資産(仮想通貨)還元に関する特許について】

ポイント還元サービス(キャッシュバック含む)の市場規模は世界で1,080億ドル(約11.5兆円)、日本で2兆円です()。

旧来のポイントと異なり、デジタル資産(暗号資産・仮想通貨)は消滅したり失効したりすることはありません。仮想通貨交換所等を通じて各国の通貨にスムーズに換金することができます。現在、仮想通貨の1日の取引高は11.6兆円であり、今後さらに拡大すると予測されています()。

「資産価値」「換金の容易さ」「国際的な利便性」の観点から、消費者にとって旧来のポイントよりもデジタル資産を受け取る方がメリットが大きいことから、今後、グローバルなデジタル資産(暗号資産、仮想通貨)を活用したキャッシュバックサービス(ロイヤリティプログラム、ポイント還元サービス、リワードプログラム等を含む)が全世界に広がることが見込まれています。

当社Social Good Foundation 株式会社は暗号資産(仮想通貨)を活用してキャッシュバックやリワード、ポイント還元を提供する仕組み(トークンエコノミー)に関して、複数の特許(ビジネスモデル特許)を既に日本で取得しており、米国・中国・EU・インド等の世界主要地域での特許申請も終えています。この特許を活用したサービス事例の1つがSocialGood Appです。

詳細)https://socialgood-foundation.com/jp/news/20200604.php

今後、旧来の「ポイント経済圏」が「トークンエコノミー」に置き換わっていく時代の流れの中で、当社が保有する複数のブロックチェーン関連特許を多くの国内外の企業にライセンス提供していく予定です。

【Social Good Foundation 株式会社について】
私たちのすることはすべて、「世界を良くする」という信念で行っています。私たちが世界を変える手段は、暗号資産・トークンで世界中がつながり、すべての個人・企業、そして社会全体がWin-Win-Winになるエコシステムを拡大していくことです。「買物をするだけで資産が貯まり、社会貢献ができるスマートフォンサービス」をグローバルに提供しています。

本社:東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー18F
代表取締役社長:高岡壮一郎
事業内容:ブロックチェーンを活用したスマートフォンサービスの運営
公式HP:https://socialgood-foundation.com/jp/
ホワイトペーパー:https://socialgood-whitepaper.com/jp/
SocialGood App(iOS版)サービスサイト:https://socialgood.inc/
公式Twitter: https://twitter.com/socialgood_Inc
問い合わせフォーム:https://socialgood-foundation.com/jp/contact/

()出所:仮想通貨取引所BitMart 2020年7月28日~2020年8月12日の最大値
(
)SocialGood Appを通じて入手したSGの価値は保証されていますが、二次市場における第三者間での売買における価格形成には当社は一切関与はしません、
()利用できる提携小売店は、ユーザーの居住地域によって異なります。現時点では日本居住者は本アプリの利用はできません。
(
)出所:MSCI World Index 1989年末~2019年末のデータ(配当込リターン)
()出所: CoinMarketCap 2020年9月15日,JP Morgan Perspectives (2020年2月21日)
(
)出所:海外市場はCashbackIndustry Report(2020),国内市場は矢野経済研究所(2020)

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!