CTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社・スイス、CEO・手塚 満)が教育事業において3回目となる学生向けのブロックチェーンセミナーを2019年2月8日に開催します。

本セミナーでは、武蔵大学経済学部経営学科・目時 壮浩(メトキ タケヒロ)准教授のゼミ生を中心にブロックチェーンの歴史や基礎技術、応用範囲について解説します。
「目時ゼミナール」では、専門の管理会計論に加え、ブロックチェーンがビジネスプロセスやイノベーションに与える影響について研究を行なっています。

実施予定日 :2019年2月8日(金)
実施場所  :東京都練馬区豊玉上1-26-1 武蔵大学 江古田キャンパス
対象者   :武蔵大学生
講義内容  :ブロックチェーン基礎セミナー&アイデアソン
料金    :無料

 講義の内容や形式及び所要時間は学生向け事前アンケートの結果を踏まえて変更する可能性があります。

CTIAでは、ブロックチェーン業界の発展を目指し、教育・研修サービスの一環として学生向けにブロックチェーン教育を無料で提供しています。「セミナー」「アイデアソン」「ハッカソン」の3コースを用意し、セミナーで蓄えた知識をもとに実践型のアイデアソンやハッカソンで応用することで、将来を担うブロックチェーン人材を発掘していきます。

CTIA
ブロックチェーン関連事業における総合的なコンサルティングを提供するブロックチェーンビジネスアドバイザー。『すべての人々へフェアな投資を。』を理念に、ICO(Initial Coin Offering)の進化モデルとなるコンプライアンスが徹底された資金調達モデル「TGE(Token Generating Event)」を推進し、資金調達を実施するブロックチェーンプロジェクトのデューデリジェンスからローカライズまであらゆるプロセスのアドバイザリーサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ