2021年1月、日本暗号資産市場株式会社は日本円・BTC・ETHで購入可能な1JPYC=1円のデジタルコイン「JPYC(JPYCoin)」の発行・販売を開始します。

日本暗号資産市場株式会社(東京都港区、代表取締役社長:岡部 典孝)は、2021年1月27日に日本円・BTC・ETHで購入可能な前払式支払手段ERC20トークンである「JPYC(JPYCoin)」を1億円分発行し、販売を開始しました。
JPYCoin(JPYC)は1JPYC=1円で取引される前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコインであり、1月27日から販売開始することを発表しました。JPYCの発行・販売により、日本におけるブロックチェーンを活用した決済手段と物の取引の活性化を目指します。

日本暗号資産市場株式会社は2019年11月に創業しました。2020年8月にICBホワイトペーパーの公開及びICBの発行を行い、ICBの販売を開始しました。事業者向けのICBは順調に流通量を増やしておりますが、より多くの方々に前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコインをご利用いただくため、2021年1月27日、一般向け前払式支払手段扱いのステーブルコイン「JPYC」のホワイトペーパー公開および発行を行い、販売を開始します

JPYCのホワイトペーパーはこちら
https://jpyc.jp/white-paper.pdf

JPYCの公式サイトはこちら
https://jpyc.jp

前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン「JPYC」の特徴
・どなたでも購入可能
・日本円/BTC/ETHで購入可能(リリース時は日本円のみ、BTC/ETHでの購入は順次追加)
・購入単位は10,000円から選択可能
・物や金券の購入に1JPYC=1円で利用可能

JPYC(JPYCoin)は第一段階として1億円分のJPYC(100,000,000 JPYC)を発行し、その90%の量が市場に出回った時、1,000,000,000 JPYCの発行致します。
JPYCはJPYC公式サイトからどなたでも購入可能(10,000円、100,000円、1,000,000円の購入単価から選択可能)です。JPYCは、JPYC販売サイトにてAmazonをはじめとしたECサイトを利用した物や金券などの購入が可能です。

JPYCが解決する問題
ビットコインやイーサリアムなどブロックチェーンを活用した決済手段が2010年前後から台頭しましたが、価格変動が大きく、決済手段としての利用は現実ではありませんでした。近年では外国において通貨建資産が発行されていますが、日本における実用化は遠いものでした。

JPYCはERC20トークンでありながら、どなたでも購入できる前払式支払手段扱いのステーブルコイン
です。

ICBとJPYCとの比較
ICBは事業者向けの前払式支払手段であり、商行為目的でのみ購入できるものであり、使い勝手が良いものとは言い難いものでした。しかし、JPYCはERC20でありながら、どなたでも利用できる前払式支払手段扱いのステーブルコインとなりました。発行枚数も第一段階から1億枚を発行し、国内の物との取引を推し進めて参ります。

JPYCの価格安定メカニズム
JPYCはUniswapなどの非中央集権分散型取引所にてJPYCの投入が多く、1JPYCの二次流通価格が1円を下回る時、ユーザーはUniswapで保有するETHやその他のERC20トークンからJPYCにSwapし、Amazonなどで物を安く購入することで価格が1円近辺まで上昇します。
仮に二次流通価格が1JPYC=1円を上回る場合には、当社が1JPYC=1円で販売することにより二次流通価格も1JPYC=1円近辺まで下落すると考えられます。

JPYCを購入する方法
JPYCoinは2021年1月27日から販売開始であり、JPYC公式サイトより日本円・BTC・ETHで購入可能です。購入単位は10,000 JPYC・100,000 JPYC・1,000,000 JPYCの3つです。

【リンク一覧】

JPYCの公式サイトはこちら
https://jpyc.jp

JPYCの購入は以下のURLから
https://jpyc.jp/buy

JPYCのホワイトペーパーはこちら
https://jpyc.jp/white-paper.pdf

JPYCについてよくあるご質問(FAQ)はこちら
https://jpyc.jp/faq.pdf

JPYCインセンティブ提供プログラムはこちら
https://jpyc.jp/jip.pdf

JPYCのTwitterアカウントはこちら
https://twitter.com/jpy_coin?s=20

JPYCのコントラクトアドレスはこちら
https://etherscan.io/address/0x2370f9d504c7a6e775bf6e14b3f12846b594cd53

【代表取締役 岡部典孝のコメント】
JPYCはこれまでのICBの知見と専門家の方々や当局とのディスカッションの結果生まれた、日本初の誰でも購入できる前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン(ERC20)です。
今後JPYCが使えるスマートコントラクト等を開発し、日本のブロックチェーン業界の発展に貢献して参ります。

弊社はICB及びJPYCの発行の知見を活かし、今後同様のERC20コインを発行予定の企業に対するコンサルティング事業を提供いたします。

【日本暗号資産市場株式会社について】
日本暗号資産市場株式会社は2019年11月に創業、「全ての鶏・卵問題を解決する」をミッションに掲げ、事業をスタートしました。
2020年2月に古物商許可、同年3月に古物市場主許可を取得し、 8月に日本初のERC20前払式支払手段としてICBを発行しました。この度のJPYCの発行により、日本国内でのブロックチェーンを活用した決済手段と物の取引の更なる活性化を図ります。

■ 会社概要
・会社名   :日本暗号資産市場株式会社
・代表者  :代表取締役 岡部 典孝
・所在地  :東京都港区芝公園4-8-12 猫来坊2階
・設立   :2019年11月
・事業内容 :古物営業法に基づく古物商および古物市場の運営/前払式支払手段の発行
・URL   :https://jpyc.jp/

【本サービスおよび、本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
・お問い合わせ先 :日本暗号資産市場株式会社 広報担当 岡部・原沢
・Tel   :07041054162(リモートワーク推奨のため、他の担当が出ることがございます。)
・E-Mail :[email protected]

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!