ビットコイン取引量国内 No.1(注1)の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する株式会社 bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:三根 公博、以下「当社」)は、2020 年 8 月時点で預かり資産 1,618 億円(注2)を突破し、過去 2 年間で最大となっていることをお知らせします。また暗号資産取引所各社 2019 年度決算資料において、当社は預かり資産国内 No.1(注3)となりました。


当社の預かり資産はビットコイン価格とともに推移し、2019 年 12 月から今年にかけてリップル(XRP)、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、ネムと複数の新規通貨取扱いを開始してきたことで増加しました。

当社はビットコイン取引量において、2016 年から 4 年連続で国内 No.1(注4)を維持しておりますが、預かり資産においても国内 No.1 の暗号資産取引所です。これは当社に対する信頼の賜物と考えております。今後もより多くのお客様に暗号資産の魅力に触れていただき、安心・安全の暗号資産取引をご提供できるよう、さらなるサービスの充実に努めてまいります。

【株式会社 bitFlyer について】
当社は、「ブロックチェーンで世界を簡単に。」をミッションに、2014 年に設立されました。現在、ビットコイン等の暗号資産取引プラットフォームにおいて、世界最高水準のセキュリティ(注5)を提供し、ビットコイン取引量国内 No.1 を維持しています。そして日米欧の 3 地域において暗号資産交換業を運営する認可を受けた世界で唯一(注6)の暗号資産取引所です。
サービスサイト:https://bitflyer.com

(注1)Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019 年 1 月- 12 月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
(注2)預かり資産とは、法定通貨および暗号資産(法定通貨評価額)を合計したもの。2020 年 8 月末日時点。
(注3)当社調べ。一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)会員各社の 2019 年度決算資料を比較。
(注4)Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年- 2019 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
(注5)Sqreen 社調べ。2018 年 1 月発表、世界140 の暗号資産取引所の中で当社がセキュリティ No.1 の評価を獲得。
(注6)当社調べ。2020 年 10 月時点。

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!