IMS Global認定、世界標準規格“オープンバッジ”発行資格を取得

教育・研修・学習デジタルソリューションサービスに21年間取り組んできた、株式会社ネットラーニング(代表取締役社長:岸田 徹、本社:東京都新宿区)は、資格や学習・研修等の修了証明をデジタルなバッジとして発行する「オープンバッジ」(※1)の発行元プラットフォームとして、日本で初めて、IMS Global Learning Consortium(以下、IMS Global)によって認定されたことを本日(2019年9月18日)発表いたしました。

現在、修了証明書としてさまざまなデジタルバッジが、各社・各団体より発行されています。これに対し「オープンバッジ」はIMS Globalが規定する国際技術標準規格であり、ブロックチェーン技術を組み込むことのできるデジタルなバッジです。

学習者が取得した資格や修了証明書の発行機関情報、資格や修了したコースやプログラム名、バッジ保有者の氏名等は「オープンバッジ」へ情報として入ります。またこれら情報はブロックチェーンにより改ざんできないように暗号化されます。さらに「オープンバッジ」はSNS等での共有や、メールでの送信などが簡単に行えるため、さまざまな利用方法が考えられます。オープンバッジによる資格取得者を検索し見つけることも可能となります。国際技術標準規格で規定された「オープンバッジ」の使い方は、世界共通の国際技術標準規格で統一されているためオープンで自由度が高く、一方で強固かつ信頼できる資格・修了証明書となります。

図1:オープンバッジとは(出典:IMS Global)

オープンバッジの普及意義特長

欧米では主要なグローバルIT企業や大学、また宇宙開発機関や博物館など、既に企業/学校/団体より受講者へ広くオープンバッジを発行しています。個人が取得した資格や学習内容を世界共通基準で見える化するばかりでなく、採用側が資格取得者を見つけ出すなど、雇用流通市場にも大きな影響をもたらします。またバッジの発行により、資格やスキルの習得数を向上させることにつながったという報告を挙げている企業もあります。

図2:オープンバッジによって展開される学びの社会構造(出典:IMS Global)

Open Badge Global(オープンバッジグローバル)

ネットラーニングはこのほど、Open Badge Global Serviceとして、オープンバッジの普及と研修におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する1つのソリューションとして、さまざまなサービスを展開していく予定です。

ネットラーニングがOpen Badge Issuer認定を取得した背景

eラーニング、MOOCなど、学習・研修がデジタル化され携帯やPCなどのさまざまな媒体で、さらに国内外や組織を問わず自由に学べる環境が整った現在、資格や修了証の発行もデジタルなエコシステムでの実現が必須であると当社は考えました。その資格や修了証は改ざんされにくい強固な証明書であり、一方あらゆる場面で共有ができること、これらを実現するのがIMS Globalの国際技術標準であるオープンバッジであるため、オープンバッジの発行者としての認定を当社のMultiverseプラットフォーム(※2)にて取得するにいたりました。世界で登録されているオープンバッジの認定発行機関は、まだ17プラットフォームのみです。いち早く認定を受け広めていくことで、日本のみならずアジアの教育発展に貢献して参ります。今後は、オープンバッジを利用したい企業・団体・学校を広く募集する予定です。

【用語について】
※1 オープンバッジ(Open Badge)は、IMS Global Learning Consortiumが設定した国際技術標準です。
※2 Multiverseは、ネットラーニングが開発・運営・ソリューション提供をしているクラウドベースの学習・研修用プラットフォームです。

【参照資料】
※MS Globalについて(英語):https://www.imsglobal.org/
※MultiverseのIMS認定国際標準規格一覧:
https://site.imsglobal.org/certifications/netlearning-holdings-inc/140091/multiverse

【株式会社ネットラーニングについて】
ネットラーニングは、のべ5,388万人(※3)のユーザ、4,972社(校)(※3)へeラーニングを提供して参りました。ネットラーニングは、eラーニング最大手企業として培った知識と経験を基に、教育・研修・学習のデジタルソリューションサービスを提供しています。当社は1998年設立以来、ITの力を使った効果的な学びを追求し、クラウドを利用したプラットフォームでのeラーニングを提供して参りました。現在、ネットラーニングはデジタルトランスフォーメーション(DX)時代における効果的な学びと成果をもたらすトータルソリューションを提供しています。
※3 2019年8月末現在

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!