取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン

最近、大ヒットのはIEO以外のものではないでしょう。

2018年後半以降、仮想通貨業界全体が間断なく揉み合い、時に上下に激しく変動する場合がありますが、全体的な状況はなお不況です。

近日まで、KTNというシンガポールプロジェクトの登場で仮想通貨業界全体をかき立て、波を引き起こしました。

それで、東南アジアの取引所が殺到するのは一体どのような製品ですか?

その製品はKTNで、ブロックチェーンを基づき総合的情報メディアです。KTNのチームメンバーはシンガポール、日本、フランスそして他の多くの国々からのものです。つまり、混血の産物だと言えます。この混血製品が進出する最初の目的地は日本です。彼らは、日本は仮想通貨の変動に影響を受けていない世界で唯一の国でだと確信しています。同時に、日本の通貨投資家は富裕層の利用者です。そのため、彼らはプロジェクトを日本に集中すると主張し、日本金融庁がブロックチェーン営業許可を承認する日をお待ちしています。

だが、KTNはアジア太平洋取引所にどのように影響を与えますか?

KTNの発足前、韓国に加えて、アジア太平洋地域における中国のBinanceだけが2つのIEOプロジェクトを進めましたが、その時取引所および仮想通貨市場において大した役割を果たしていませんでした。

世界一番の取引所として、Binanceは全員のチェーンフォローアップを引き起こしませんでしたが、KTNプロジェクトはどうやってアジア太平洋の取引所にIEOを開始させますか?

二・三流の取引所を連合、 団結こそ力です。

KTNが世界範囲であらゆるIEOは、アジア太平洋地域の二・三流取引所と共同で大胆に連合発行し、一つの取引所は規模が小さい場合もありますが、いわゆる団結こそが力なので、そのほど多くの取引所の加入でも変化をもたらしないではいられません。また、この背後には、より多くのコミュニティディスカッションを推進します。KTN販売の各ラウンドは数秒で奪われ、さらにコミュニティの間で大きな反応を起こしました。したがって、IEOの関連熱を一段と高め、一層多くの取引所に関心を集めてきます。

弱気市場のため、Binanceのような一流の取引所は、イノベーションを開始するごとに、二・三流取引所に影響を及ぼすでしょう。強気市場においては、誰も少しの利益を貰えるだが、逆に、弱気市場においては、Binance取引所は何かがあったら、いくつかの取引所に大変な影響を及ぼすかもしれません。

KTNの出現が、二・三流取引所に立ち直る機会をもたらします。これによって、東南アジアの取引所全体に大きな連鎖反応を引き起こしました。

多くの二・三流取引所ひいては一流取引所もKTNを上場しており、と同時に、HuobiやOKを含む多くの一流取引所および二・三流取引所も同様のIEO事業を立ち上げました。

しかし、どのような製品が勝ち取ることができるでしょうか。

今の状況から見れば、グローバル市場で融資をしているプロジェクトは主に以下の特徴を持っています。第一は、プロジェクトは信頼に値するものです。つまり、それはユーザーが直接使用できて、実際に実現できるものです。

KTNを例として、今まで、そのダウンロード数とニュースの数は10万も超えており、そして、東南アジアの取引所で融資する過程で、ダウンロード数が大幅に増加しました。

と同時に、KTNは先頭に立って、IEOプロジェクトのエアドロップイベントを行いました。

IEOプロジェクトの中で、取引所の審査に合格したIEOが上場でき、ユーザーはそれに対応するエアドロップを手に入れます。

KTNが大ヒットになる一方、その後のIEOプロジェクトにユーザーベースを提供して、一挙両得とも言えます。

ナマズ効果で、KTNは先頭に立ってやっている人です。

このような革新が大ヒットになる方法の一つで、今のところまで、KTNの新規ユーザーは6万人以上を増加しました。

それは、東南アジア市場での大規模な宣伝のおかげで、多くの投資家の信頼を得ただけでなく、仮想通貨市場全体に影響を及ぼし、皆にもIEOの利点と見込みを理解させます。

最近、東南アジア取引所でのKTNのIEOプロジェクトがそろそろ終わりします。KTNのIEOプロジェクトの大ヒットも一つのことを示しました。

チャンスはいつも準備ができている人に賦与される。先頭に立っている人は、常に勝者になるでしょう。

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。